2012_11
19
(Mon)23:15

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ [Blu-ray]バットマン リターンズ [Blu-ray]
(2009/11/03)
ミシェル・ファイファー、マイケル・キートン 他

商品詳細を見る

ジャンル: アクション
製作年: 1992年
初公開年月 :1992/07/
製作国 :アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース
上映時間: 128分
監督:ティム・バートン
出演:マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、マイケル・ガフ、パット・ヒングル、マイケル・マーフィー、ポール・ルーベンス


人気アクション「バットマン」シリーズの第2弾。監督は前作に引き続きティム・バートンが担当。ゴッサム・シティに現れた謎の怪人ペンギン。彼はシティの実力者と手を組み、町を裏から支配しようと画策していた。そして彼の野望はやがて、バットマンの知るところとなった。しかしバットマンの前にキャット・ウーマンと名乗る新たな敵も現れ……。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


10月に鑑賞
続けてみちゃった同監督の続編。
障害者差別じゃ無かろうか?などと思いつつ、ダークなシーンからスタート。
生まれてきた赤ちゃんに足して忌み嫌う顔を見せる両親は何をするのかと思えば子供を捨てちゃう。捨てられた赤ちゃんがたどり着いたのはペンギンの群れ…ってここどこですか?なんですが…彼は成長し奇異な容貌はペンギンそのものな感じですがそれを逆手に同情を得て市民たちに受け入れられるが…実は秘めた野望を持ち合わせてた。それに気が付いたバットマンとの対決だけど、彼の前にはキャット・ウーマンと名乗る敵か?味方か?な女性が現れて…

やっぱり敵にもちゃんとストーリーがある。今回はペンギンのような風貌で生まれてしまった男の切なさ両親への思いは悲しいけど、愛を超越しまって悪に転じ、更に悪い奴に出会ってしまって悪者に染まって行く。
キャットウーマンは女性として差別されてて、しかも悪だくみを知って殺されてしまうけど、それを助ける猫たちに新しい命を与えられ自由を得る。だから決して悪者じゃ無い、でも完全な善でも無くって更にバットマンとの恋愛関係も微妙。

前作のイメージを保ちつつコメディ?って感じもするけどね。何でもありな感じは監督ならではなのかも知れないけど?!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック