テイク・シェルター

テイク・シェルター [Blu-ray]テイク・シェルター [Blu-ray]
(2012/08/02)
マイケル・シャノン、ジェシカ・チャステイン 他

商品詳細を見る


ジャンル :サスペンス
製作年: 2011年
初公開年月: 2012/03/24
製作国 :アメリカ
配給 :プレシディオ
上映時間: 120分
監督: ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノン、ケイティ・ミクソン、キャシー・ベイカー、レイ・マッキノン、ロバート・ロングストリート、トーヴァ・スチュワート、マイケル・シャノン[俳優]、ジェシカ・チャステイン、シェー・ウィガム


田舎の工事現場で働くカーティスは、優しい妻と耳の不自由な娘と幸せな毎日を過ごしていた。しかしある日突然、恐ろしい大災害の悪夢にうなされるようになる。それを、実際に天変地異が起こる予兆と信じた彼は、避難用のシェルター作りに没頭していくが…。

誰も気づかない、
誰も信じない――
この恐怖は
悪夢か、現実か


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
これ面白い!預言者と精神病は紙一重?精神が一般的でないから感じない事を感じるのか?
視覚障碍者が聴覚に優れてくるとか、その逆もあったりして欠けてるであろう部分を補う為に一部の能力が発達する!精神を病んでしまった為に未来が見える!もありなのか?だけど、悲しい事に誰も信じない…って事も?でも、これは過程、この物語がそうでは無いのかも?!

怖い、怖い夢を見ます。ただの嵐じゃ無く黄色い雨が降り注ぎ、人々は狂い始める…飼い犬が、友人が自分と娘を襲ってきます。汗びっしょりで目覚めて、当然に寝覚めも悪いんです。それが一晩じゃ無い!彼、カーティスは不安に苛まれる。

カーティスは現場で働くブルーカラー。だけど少しだけ地位があり、そして彼の務める会社はしっかりしてます。聴覚障害の娘の手術も保険が適用されると喜んだところ。
彼は家族を愛し、妻は夏の旅行のためにバザーで小銭を稼いだり、器用な手先で洋服のリメイクをして小遣い稼ぎ、缶にへそくってます(笑)かんり?凄く?普通な家族です。
そして家族の住む家には古いシェルターがありました。カーティスは悪夢を見るようになってからこのシェルターが気になりそして整備を始めちゃうんです。わざわざローマで組んで、家族を守るために…でも、カーティスはそんな自分に疑問を持つ。それは瀬陰唇的な病気ではなかろうか?と言う疑問。その訳は母親が若くして精神病を発症したから。彼は常にいずれ自分も…って思ってたのかも知れないですね~
かかりつけの医師に相談し精神科医を紹介してもらうが遠くて行けない…どうしようか迷ってる間に症状は悪化してるんちゃうん?って思うけど、預言としての嵐も怖い!悩みつつも職場の重機を使ったりしてシェルターの整備を進める彼に妻は何考えてんねん!なんだけど…それでも支えようとしてるのが健気で良いんです。

予感としての結果も怖いけど、自分の精神も怪しい、さて?結果は?なんですよね~

ラストはあ~ぁやっぱり!って思うのか?それとも治療が始まった彼の悪夢なのか?って感じでどっちでも好きな方に考えてください(笑)そしてエンドクレジットの歌が結果と考えてるのか?微妙な感じです。

予感が当たっても無いやん!じゃ切ない、家族と離れるかも?の医師の言葉の後に見た夢の続きなのかも?・・・それでも切ないか?

それはまぁ、ともかく?カーティスは母の実績が有ったから自ら気が付き疑ったかも知れないけど、疑う余地も無く自分が作り出す恐怖に落ちて気が付けば精神を病んでた~って言うのが普通?なのかも知れないですね。

前半は淡々、後半はめまぐるしい?そして結果は?見てる人に委ねてます。この手の作品ってやっぱり大好物です。

コメントの投稿

非公開コメント

夢眠さん、こんにちは!

小作品で期待してなかったけど面白かったです!
主人公は自分がおかしいんじゃないかと疑う所が
上手く出来てましたね。
自分を疑いもせず予知夢を信じるだけの男だったら、
ただの狂人の話で、普通になっちゃうもんね。
夫を見守る妻が本当に健気で良かった~

Re: 夢眠さん、こんにちは!

YANさまへ

そうなんですよね~自分はおかしいのでは?って思うのが良い。
そう言う要素はうまくもたしてたましたよね。
好きな感じの作品でした。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード