プロメテウス

【映画パンフレット】 『プロメテウス』 監督:リドリー・スコット キャスト:ノオミ・ラパスほか【映画パンフレット】 『プロメテウス』 監督:リドリー・スコット キャスト:ノオミ・ラパスほか
()
20世紀フォックス映画

商品詳細を見る


ジャンル:SF
製作年: 2012年
初公開年月: 2012/08/24
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
上映時間: 124分
監督:リドリー・スコット
出演 ノオミ・ラパス マイケル・ファスベンダー ガイ・ピアース シャーリーズ・セロン イドリス・エルバ ローガン・マーシャル=グリーン



「人類はどこから来たのか?」人類が長年にわたり追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。2089年、地球上の古代遺跡からその答えを導き出す重大なヒントを発見した科学者チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んである惑星へと向かう。2093年、惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにする事に。人類誕生の真実を知ろうと調査に没頭する中、思いもよらない事態が起きる。
プロメテウス - goo 映画


人類は どこから 来たのか。

人類最大の謎、それは《人類の起源》


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2012.08.28  プロメテウス

結局、何も解りません(笑)そうであろう?ってヒントはいっぱいだけど。って言うか冒頭から答えのイメージが出来ちゃうんですよね。そしてラストのワンカットが描きたいために作った映画何じゃないの?!人間の起源じゃ無く・・・別物の起源を・・・

考古学者が見つけた古代の壁画が年代も違う数々の古代遺跡に同じメッセージが隠されてる事に気が付く。それは宇宙の地図?宇宙船、プロメテウスはその地図が示す場所に向かいもう直ぐ到着する。眠りから覚めるクルーや科学者たちだけど、どうも政府を挙げてとかじゃなく、ある起業がスポンサーになりそれぞれを雇った感じ。考古学者たちも同じで彼らの仮説の証明でなく何か別の目的がありそう~人間たちが長い時間、眠ってる間を管理するのがアンドロイドさんですね。リドリー監督、本当に好きだよね~

スポンサーの企業の女性はクールで学者たちの言葉なんか信じてない、でも、企業の年老いたトップとの関係は想像できるし企業と言うかそのトップが何を求めてるのかも、ピンと来て意外性もありませんでした~残念(笑)

惑星の到着し直ぐに誰かの手で作られたであろう、道や建造物を見つけ早速、調査を始める。次々に見つかる建造物、だけど人間に似た生物は死に耐えてた…遺体を持ち帰り調べる。電気ショックで神経が動き出すがそれ以上の事が起きて危険にさらされるが間一髪で処理できるのだけど…
アンドロイドさんが不可思議な動きをして挙句に学者に人体実験って(-_-;)まぁ皆さん、危険な目に有っちゃってってラストに向かうほどにあの作品を彷彿させ似たような展開になり、そして助かるのは?決まってるやん!って感じですね~なんたって腹掻っ捌いてるのにパワフルに動くまくるし…それに比べて最後に死ぬ人間なんてちょっとギャグっぽいけど?
一安心後に訪れる危機、アンドロイドさんの活躍と本当に似すぎです。
で?結局は人間の起源と滅ぼす理由は次回ですか?それは描かないんですか~

時代を経て描かれるCGは凄くってリアルに描かれてますが、監督の描きたいものは原点に返っちゃうのかしらね?

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロメテウス

人類の起源に関する話というより、 「エイリアン」の前日譚として観た方が面白い! PROMETHEUS 監督:リドリー・スコット 製作:2012年 アメリカ 出演:*ノオミ・ラパス 

コメントの投稿

非公開コメント

あなたの考えが知りたいの

はじめまして。ここに映画「プロメテウス」について、知恵袋の質問URLを貼ります。あなただったらどう答えるのか教えてください→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1393344578

Re: あなたの考えが知りたいの

藤井さまへ

ご訪問、コメントありがとうございます。
映画ってエンターテインメントとしか捉えないので難しいことは考え無いんです。
答えが見つかると良いですね。

夢眠さん、こんにちは!

このテンプレ、文字が見易くていいですね!

そうそう、この映画では人類の起源なんて分かりませんよね。
それよりやっぱり描きたかったのは、アレの起源ですよね!(^▽^;)
そう思って観た方が、断然面白かったです。
いろいろ関連のものが登場してましたね。

Re: 夢眠さん、こんにちは!

YANさまへ

100%エイリアンですよね~
そう思ってみたら伏線がいっぱいで…
違う目線で見ても良いのかも?
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード