愛されるために、ここにいる

愛されるために、ここにいる [DVD]愛されるために、ここにいる [DVD]
(2007/07/25)
パトリック・シェネ.アンヌ・コンシニ.ジョルジュ・ウィルソン

商品詳細を見る

ジャンル: ラブ・ストーリー
製作年: 2005年
初公開年月: 2006/12/16
製作国 :フランス
配給: セテラ・インターナショナル
上映時間: 93分
監督:ステファヌ・ブリゼ
出演:パトリック・シェネ、アンヌ・コンシニ、ジョルジュ・ウィルソン、リオネル・アベランスキ、シリル・クトン


50歳を迎え、仕事にも家族との関係にも問題を抱え、人生に疲れ果てていたジャン=クロード。ある日、医者から運動を勧められた彼は、以前から気になっていたタンゴ教室に通ってみることに。彼はそこでタンゴを習う若い女性フランソワーズと知り合うのだが…。


変わらない毎日。気づいたら一人ぼっち。
あの日、あのとき、君とタンゴに出会った。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
結果は?って思ってしまうのがフランス映画の特徴かも?それでも何となくハッピーなラストかな?!いちおう?恋愛物だし(笑)

家族関係も微妙、仕事はお役所に加担してる感じで面白みも無い?ちょっとお疲れさんな50歳を迎えたジャンは医師に運動を進められ事務所近くに気になってたタンゴ教室へ。そこで知り合ったのは結婚目前のフランソワーズ。彼女は以前、息子の子守のアルバイトをしてくれてた女性だった。二人は意気投合、退屈な人生に現れた女神?一方、フランソワーズのフィアンセは仕事に暴騰し彼女にかまってくれない。フランソワーズとジャンは何となく意識し2人で会う事を繰り返す。だけどフランソワーズの結婚が間近だと同じ教室に通う人に聞き、ジャンは彼女から離れてしまう。フランソワーズのフィアンセも仕事が一段落して優しさが戻ってくるのだけど…
ジャンは年老いた父や息子とも微妙な感じなんだけど、フランソワーズの事で父に切れたり、息子に理解したりでちょっとだけ違う方向へ…でも、皆、生き方が不器用。人ってそうなのかも?!
そして父の死に直面し、父の思いを知って何となくフランソワーズを許してしまう。また彼女も結婚の準備が進む中、何とも言えない思いが込み上げて…二人はタンゴ教室で踊る…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード