2012_08
07
(Tue)21:44

フランス、幸せのメソッド

フランス、幸せのメソッド [DVD]フランス、幸せのメソッド [DVD]
(2012/08/02)
カリン・ヴィアール、ジル・ルルーシュ 他

商品詳細を見る


ジャンル: コメディ
製作年: 2011年
公開情報 :劇場未公開
製作国: フランス
収録時間: 109分
監督: セドリック・クラピッシュ
出演:カリン・ヴィアール、ジル・ルルーシュ、オードリー・ラミー、ラファエル・ゴダン、マリーヌ・ヴァクト、ジヌディヌ・スアレム


シングルマザーのフランスは、スティーヴの家政婦として雇われることになる。スティーヴの3歳の息子の面倒をみるフランス。当初は対立していたフランスとスティーヴだが、お互いの距離が縮まっていく。そんな中、フランスはある事件を起こし――!?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
邦題は信用できませんね~本当に・・・
アットホームな作品かと思ってました。見てても途中まではそうでした。
でも、なんだか様子が違って来て、ラストはえ?!でした。
ある意味、社会派かも…明らかにあっち側とこっち側の人間が描かれてます。どっちが幸せかは?個人差によると思うけど…

シングルマザーのフランスは会社が倒産、ショックで自殺を図りますが助かります。3人の娘を置いて逃げるな~って感じですが、助かり自分でも自覚したのでしょ。わき目もふらず仕事を探します。移民などの働き手の世話をしてる娘の彼の知り合いを通じ何とか職を得たのが家政婦。
世話をするご主人様はロンドンで暮らし久々にフランスに戻ってきたリッチマンのスティーヴ。若いモデルにちょっかい出すけど女性の扱いが苦手?と言うよりバカにしてるのか?って感じです。
そんな彼にストーレートに言うフランス。週末に子供が待つ家に帰るのが楽しみ。
ある日、スティーブの元妻が子供を連れてくるが1ヵ月も預かることにうんざり、全てをフランスに任せてしまう。家に帰れない寂しさはあるけど、報酬と子供のために残るフランス。すっかりスティーヴの信用を得て息子が帰る数日前に3人でロンドンへ行くことに…急接近した二人だけど、立場が全く違う事に気が付いたフランスは悲しくなり、そしてある行動にでちゃうんですよね。
彼女はスティーヴに自分たちの様子を見て欲しかっただけだと思うんだけど、スティーヴの元彼女が大事にしちゃう。彼女もまたそっち側の人間なんですよね。ある意味、お似合いの二人なんですけどね~
フランスは危機に陥るが駆けつけてくれたのは元同僚たち、そしてスティーヴは恐怖?を味わう事に…
フランスのほほえみでラストを迎えます。この結果は?謎で、しかも何を訴えたいか的確にしないフランス映画が最高~
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック