2012_07
20
(Fri)22:47

グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記 オリジナル・サウンドトラックグスコーブドリの伝記 オリジナル・サウンドトラック
(2012/06/06)
小松亮太

商品詳細を見る


ジャンル: アニメーション
製作年: 2012年
初公開年月: 2012/07/07
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 108分
監督: 杉井ギサブロー
原作: 宮沢賢治
声の出演: 小栗旬 忽那汐里 佐々木蔵之介 林家正蔵 林隆三 草刈民代 柄本明



美しいイーハトーブの森で、両親と妹のネリと幸せに暮らしていたグスコーブドリ。しかし、冷害に見舞われたため、両親は家を出ていく。さらに妹のネリは謎の男に連れ去られ、ブドリは一人になってしまう。その後、出会った人びとの親切を受けなんとか生活してきたブドリは、火山局に勤める事に。火山局では冷害対策の研究などを行っていた。しかし、かつてないほどの冷害が再びやってくる事を知ったブドリは、ある決心をする…。
グスコーブドリの伝記 - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2012.07.20   グスコーブドリの伝記

映画を見てると言うよりも本の読み聞かせって感じ。
死の世界と交差してるんだけどぼかして…子供向けかと思ったけど?はたして子供に理解できるのか?なんて思ったりもする。
時間の流れが速い割にはいつまでも”男の子”だし。死を直接描いてないので最後の犠牲も解りにくいです。

森で幸せに暮らす家族、父の仕事も順調で母の育てる野菜も豊かに実り、可愛い妹、そんな家族と暮すブドリは森を愛し勉強も素直に吸収する。だけど数年続く気候の災害で飢饉になる。両親は口減らしに自ら姿を隠し、ブドリは妹のために頑張るが、妹はこと切れ別の世界へ連れて行く使者が現れ連れ去ってしまう。その直後、不可思議な体験をするブドリだけどあそこはきっと生と死の狭間…泡沫だったのかも?!生きるべき世界で目覚めたブドリは森を出て農地へ。そこで赤ひげに出会い彼の農業を手伝い、冬は亡くなった息子が残した本を読み漁るブドリだけど、また天候が安定せず、彼は赤ひげから離れ町へ。本で読んだ教授に出会い仕事を紹介される。そしてまた訪れる異常気象にブドリは自ら犠牲になることを選ぶ…
実際の生活と死の世界で妹を探すブドリが描かれてますが、肝心の事はぼかしてるんで、逆に冷静になっちゃって感動が薄らいじゃった感じ。もう少し描きようが有ったと思うんだけどね~アニメの画も含めてDVDで充分って感じです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

グスコーブドリの伝記

宮澤賢治の同名童話を基にアニメーション映画化した作品だ。イーハトーヴの森で暮らすグスコーブドリは冷害で家族を失うものの力強く成長して行く。長じたブドリのまえに再び訪れる...

2012.07.21 (Sat) 01:29 | LOVE Cinemas 調布