おじいさんと草原の小学校

おじいさんと草原の小学校 [DVD]おじいさんと草原の小学校 [DVD]
(2012/07/06)
ナオミ・ハリス、オリヴァー・リトンド 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/07/30
製作国: イギリス
配給: クロックワークス
上映時間: 103分
監督: ジャスティン・チャドウィック
出演:ナオミ・ハリス、オリヴァー・リトンド、トニー・キゴロギ

イギリスからの独立を勝ち取って39年が経った2003年のケニア。政府は、すべての人を対象にした無償教育制度をスタートさせた。そのニュースを耳にした84歳のマルゲも、さっそく地元の小学校へと向かう。しかし学校側は老人の申し出に困惑し、様々な理由を付けて門前払いにしてしまう。それでも、読み書きが出来るようになりたいと願うマルゲは毎日門の前に立ち続け、その情熱に心打たれた校長のジェーンは、周囲の反対を押し切り彼を受け入れることを決意するが…。



まだ、終わりじゃない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
もっとアットホームな感じかと思ってたけど全く違った。ケニアと言う国を余りにも知らな過ぎる、多民族国家でそしてイギリスが植民地としてた地。負い目を持つ国をイギリスが描くのが不思議です。

200年、ケニアは学校が無償化され多くの子供たちが押し寄せるが全てを受け入れられない切なさ。そんな時に84歳の老人が入学志願。当然のように断られるが、老人は通い、ついに校長に受け入れられる。彼にはある手紙を読みたく字を覚えたいと思ってるの。彼の回想で過酷な運命が描かれてます…それは既に過去になりつつある問題だけど当事者の老人は今も引きずる辛い思い出である。それを語ることが無く回想だけで描かれるが教師は悟るんですね。だけど悟るよりはるかに辛い経験をしてる老人の人間としての深さに感動です。
だけど受け入れた教師にはそのお蔭で辛い試練も味わう事に…
老人は生徒でもあるけど幼い子供たちには先生であったりする。学びたいと言う思いは子供より年を重ねた大人の方が強いかも?彼には目的もあり必要もあったから。
でも、そんな老人を身近に子供たちにも変化が起こる。子供たちは老人と接する事で決まった教育より素晴らしいものを得れるのかも知れません。

教師の頑張りを無視し建前だけど正とする人間に転属を命じられる教師に生徒や老人が起こした行動は真の教師とは?と言う事を教えてくれてるようです。

老人が欲してた政府の対応、それを得た彼が継ぎに目指すのは更なる勉強だと言うのが素晴らしい。学びたいと思った時が大事で年齢は関係ないのだと…それが達せなくても学ぶのが必要だと教えてくれます。そしてそれが実話だと言うのが本当に素晴らしいですね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おじいさんと草原の小学校/The First Grader

ケニア共和国独立から39年、やっと実施された無償教育制度で84歳の小学生が誕生した。キマニ・マルゲだ。ケニア独立のために戦ったマルゲが、とある目的のために様々な問題をク...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード