人生、ここにあり!

人生、ここにあり! [DVD]人生、ここにあり! [DVD]
(2012/06/02)
クラウディオ・ビジオ、ジュゼッペ・バッティストン 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
製作年: 2008年
初公開年月: 2011/07/23
製作国: イタリア
配給: エスパース・サロウ
上映時間: 111分
監督: ジュリオ・マンフレドニア
出演:クラウディオ・ビジオ、ジョルジョ・コランジェリ、アンドレア・ボスカ、ミケーレ・デ・ヴィルジーリョ、カルロ・ジュゼッペ・ガバルディーニ、ナターシャ・マクニッツ、ダニエラ・ピッペルノ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン


1978年、イタリアでは世界で初めて精神病院を廃絶する法律が制定された。本作は、その時代の実在のグループホームをモデルに描くヒューマン・コメディ。世界で初めて精神病院を廃絶する画期的な取り組みを巡る希望と現実を温かな眼差しでユーモラスに描き出していく。1983年、ミラノ。正義感にあふれる労働組合員のネッロは、異端すぎたために反発を招き、新たな組合に異動させられる。そこは、廃止された精神病院を出てきた元患者たちで構成された協同組合だった。そこで彼が見たものは、目的もなく無気力に過ごす元患者たちの姿。熱血漢のネッロは、自ら稼ぐことでやる気を取り戻してもらおうと、建築現場の“床貼り”を請け負う事業を立ち上げるのだったが…

未来は自分で照らすのさ

これは、イタリアで始まった本当の“しあわせ革命”

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ネッロは熱血組合員。だけど熱血し過ぎて移動になる。新しい共同組合はなんと法律が変わったお蔭で生まれた精神病患者で構成されてた。
やってる仕事は切手貼り…精神病患者への知識が全く無いネッロは健常者と同様に扱うのだけど、患者たちには一人前に扱われてるようで歓迎される。
それでも通常にようにはいかないし、仕事は切手を貼るだけ…それなのにそれに対してネッロは彼らの芸術性を認める。
そして床の寄木貼りを請け負う事業を立ち上げる。練習場所に自宅を開放して…黙々とこなす彼らに初めての報酬、お金を得られることをしった患者たちにやる気が出てくるけど…まぁスムーズにはいきませんね。でも、彼らなりに努力をする様子が描かれてます。

半分、脅して?やっと請け負った仕事だけど、材料が届かずネッロは不在、途方に暮れた患者たちは廃材でしあげちゃう。しかも星柄で予定とは全く違う。ネッロは唖然とするがクライアントはその芸術性に感動し更に仕事の依頼を…急遽、方向転換し廃材を利用したアート的な床貼りを売りに事業は順調に進む。働く意欲の無い患者にも役目を与え彼は平等に扱うが、薬の影響が出てる事を知り医師と交渉するが決裂、彼らは病院を出て行き共同生活を始めるの…
でもね~薬を減らすとでる影響もあるのよね。ネッロに賛同して付いてきた医師も居てるんだけどっやっぱり手が回らない。そして一人の青年が客である女性に恋しちゃって…事件が起こる。
悲しい結果にネッロは患者たちを医師の元へ戻すが、医師も効果に驚き続けてくれるように頼むんだけど、ショックが大きなネッロは手を引いてしまう…
でも、患者たちは決起するの…
実話らしく、今じゃこの手の協同組合がたくさんあるとか?
病気を抱えながら仕事をして生活するって大事な事だよね。でもね~精神病や精神の障害を負った男性はやっぱり怖いです。力の加減も解らず話も通じない…どう対応して良いのか解らない。だけど薬だけ与えて終わりなんて違う気がする…

好きで病気になる訳じゃ無いし…まぁ難しい問題ですよね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生、ここにあり!/Si può fare

精神病院を廃絶する法律・バザーリア法の制定によってイタリアで実際に起こった話を映画化。地域社会の中で実際に働きながら共存を目指す患者たちと、それを導く主人公の奮闘を描いたヒューマンコメディだ。監督は本作が本邦初公開となるジュリオ・マンフレドニア。本国イ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード