2012_06
17
(Sun)16:10

アーティスト

アーティスト オリジナル・サウンドトラックアーティスト オリジナル・サウンドトラック
(2012/04/11)
サントラ、ローズ・マーフィー 他

商品詳細を見る

ジャンル: ラブ・ストーリー
製作年: 2011年
初公開年月: 2012/04/07
製作国: フランス
配給: ギャガ
上映時間: 101分
監督: ミシェル・アザナヴィシウス
出演: ジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル ペネロープ・アン・ミラー ミッシー・パイル ベス・グラント ジョエル・マーレイ エド・ローター ビッツィー・トゥロック ケン・ダヴィティアン マルコム・マクダウェル ベイジル・ホフマン ビル・ファガーパッケ ニーナ・シマーシュコ スティーヴン・メンディロ

1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで女優志願のペピー・ミラーと出会う。やがてジョージは、オーディションを受けにやってきたペピーと再会。その日を境にペピーはエキストラから少しずつ上位の役をものにする。1929年、トーキー映画が登場。しかしサイレントにこだわったジョージは、自ら監督・主演した映画が失敗し、失意のどん底に。一方、ペピーは大スターになっても、ジョージを思う気持ちは変わらなかった。

アーティスト - goo 映画


温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采――


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2012.06.17  アーティスト

第84回アカデミー賞作品賞受賞作品。
そのお蔭でずいぶん遅れたけど地方のシネコンでも上映がありました。
この手の作品って絶対に近所に来ないので嬉しい限りですが…本日、見るまで不安でした。

100分、無声って言いつつも音楽は付いてきましたが、耐えれるのか?更に日曜日に見に行くのは動員数が多くって小声や食べ物の咀嚼音とか、ガサガサした音とかが目立って邪魔されないか、自分もしないか?なんてつまんない事まで考えてました。それと睡魔(笑)でも心配無用でした。この手の作品をお金を出して見よう!って人は映画好きでマナーも良いです。一度だけ近くから小さなイビキが聞こえてましたが(*^_^*)

物語は解りやすい展開です。でないと困るかも…行動と表情だけでずいぶん解る物だと実感、そして音楽は本当に大切ですね。無声映画しか作れない時代ならいざ知らず、今やCGなど何でも有りの映画ですが、あえて無声映画を作ろうって事に感動しました。
でも、フランスのアニメ作品って意外と会話が少なかったりするんですよね~フランス語って言葉数が多いから面倒って思うのかしら(笑)

無声映画からトーキーに移行する時代、無声映画のスターのジョージは女優志望の女性と巡り合う。彼に憧れアドバイスを受け女優として進むペピーは幸運にもトーキーの流れに乗って大女優へ一方ジョージは無声に拘ったために世間から見捨てられ、妻からも見捨てられる。だけど彼の運転手と相棒の愛犬だけは彼に付き添う。だけど時代は流れ、ジョージは忘れられ自暴自棄になり起こす事故…それを知ったペピーは救いの手を差し出すけど実はずっと以前から彼を見守ってたの。でも誠意は上手く伝わらずジョージは彼女の元を去のだが…ペピーの純粋で一途な愛が素敵でした。人をそこまで愛せる、愛してる事を押し付けない、こんな愛し方をされるなんて羨ましい限りです。
そして、一番素晴らしい演技をしたのはジョージの愛犬?とってもかわいかったです。

C.O.M.M.E.N.T

夢眠さん、こんにちは!

ぼちぼち、気分転換にも映画のお話が
出来ればいいな~と思ってお邪魔しました。
お母様もかなり回復されたようで、
少しずつ今の状況が落ち着いて、日常になっていくと思います。
記事を更新し出したら、やっぱり夢眠さんのほうが
ペースが速い(^^;

本作、劇場鑑賞だと周囲の音が気になるんじゃないか?と
私も思ってたけど、集中して観られたようですね。
でも小さなイビキでさえ聞こえるとは・・・(≧ε≦)

行動と表情だけで、感情がきちんと伝わってきましたね!
愛犬が場を和ませたり、随分と功を奏してました。

2012/11/16 (Fri) 17:37 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 夢眠さん、こんにちは!

YANさまへ

人生には色んな事があるようで…
それでも生活、仕事とか普通にあるわけで…
どう切り替えるかがポイントなのかも?
ご心配頂いてありがとうござます。

映画は気分転換に最高なツールですが、
見る内容は偏ってたかも?

今作、睡魔も襲い易いので体調が万全な方が
思い切り楽しめそうです。
愛犬が本当に可愛い♪

2012/12/22 (Sat) 21:53 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

アーティスト/The Artist

新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、主...

2012.06.18 (Mon) 00:27 | LOVE Cinemas 調布

アーティスト

サイレント・モノクロ映画を現代風にアレンジ。 映画本来の魅力を新鮮に味わえる、温かい良作です。 THE ARTIST 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 製作:2011年 フランス ...

2012.11.16 (Fri) 17:39 | RockingChairで映画鑑賞