2012_06
11
(Mon)23:18

ベルヴィルランデブー

ベルヴィル・ランデブー [DVD]ベルヴィル・ランデブー [DVD]
(2007/07/18)
不明

商品詳細を見る

ジャンル: アニメーション
製作年: 2002年
初公開年月: 2004/12/18
製作国: フランス
配給: クロックワークス
上映時間: 80分
監督: シルヴァン・ショメ
声の出演:ジャン=クロード・ドンダ、ミシェル・ロバン、モニカ・ヴィエガ、リナ・ブードロー、マリ=ルー・ゴーティエ

戦後間もないフランス。内気で孤独な孫のシャンピオンを元気づけようとおばあちゃんはいろいろな物を買い与えたが、シャンピオンはどれにも興味を示そうとしなかった。そんなある日、おばあちゃんはシャンピオンが自転車に強い興味を抱いていることを知る。やがて、シャンピオンは一流の自転車選手になるため、おばあちゃんと二人三脚で厳しいトレーニングに励むようになる。そしてついにシャンピオンは自転車レースの頂点“ツール・ド・フランス”に出場するまでに成長した。ところがレースの途中、シャンピオンは何者かによって誘拐されてしまう…。

ベルヴィルへ、ようこそ!

最愛の孫・シャンピオンを救うため、おばあちゃんと愛犬・ブルーノの不思議な大冒険が始まる!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
この監督の作品って会話が少ない、でも、凄く解りやすい。
表現が豊かで音楽が素晴らしい~アニメだけどキャラは怖い?でも見慣れるのが不思議、凄いデフォルメされてるのが解りやすい。

息子夫婦が亡くなって孫を引き取った祖母、だけど孫息子は笑顔を見せない、祖母もぶうっきらぼうだけど孫を愛してる。子犬を贈ったり電車のおもちゃを与えたり…だけど一時の笑顔しか見せない、ある日、孫は自転車に興味を示してるのを知り与える。満面の笑顔で喜ぶ孫、そして数年後、たくましい筋肉をつけてレースに挑む孫をサポートする祖母。調理器具や音叉を巧みに使い孫の筋肉をほぐし自転車の調整をする祖母。
そして贈られた子犬は大きくなってるが子犬の頃におもちゃの電車に尻尾を惹かれ、いまだに本当の電車が通るたびに吠えまくるめんどくさ差(笑)でも、犬が見る夢がなんだか素敵なんですけどね。

そして目標のレース、バックアップする祖母の乗る車がパンクしてる間に孫は誘拐される。
匂いを犬が嗅ぎ追いかける祖母、そこは別世界の都会。孫を見つけられず途方にくれる祖母と知り合うのは冒頭に出てた三姉妹。彼女たちの食生活は野生的だけど伏線でもあったりします。そして孫の居場所を突き止め助け出す祖母!カーアクション?も楽しい。

めでたしめでたし・・・ではあるけど、何故か涙が…
冒頭での幼い孫に語る祖母、ラストはその問いに答える成長した孫・・・そこにある違和感。
孫の傍に居ない祖母、横のクレジットは母に捧げる?
拡張されたイメージ、突拍子も無い物語、悪だけど愛嬌もあるマフィア、極端な船の造形、それを追うのは…時間貸しのボート?アニメだからOK!だけど、ひょっとしたらイメージした作り話を映像化?するとこんな感じかも?!これって?ひょっとして夢オチだったんじゃないかな?なんて…そういう作品好きなので無理やり当てはめてるかも知れないけど、そう思うとなんだか切なくなっちゃった。
育ててくれた祖母へ枕元で語ったおとぎ話…だったのかな~

そんな深読みは置いといて会話は極端に少ない、だけど音楽は最高に素敵です。
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック