アドルフの画集

アドルフの画集 [DVD]アドルフの画集 [DVD]
(2004/08/27)
ジョン・キューザック、ノア・テイラー 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2002年
初公開年月 :2004/02/07
製作国: ハンガリー=カナダ=イギリス
配給: 東芝エンタテインメント
上映時間: 108分
監督: メノ・メイエス
出演 :ジョン・キューザック/ノア・テイラー/リーリー・ソビエスキー/モリー・パーカー

1918年、第一次世界大戦後の戦渦が色濃く残るドイツ・ミュンヘン。そんな中、裕福なユダヤ人の家庭で育った帰還兵のマックス・ロスマンは、戦場で右腕を失いながらも、妻ニーナと共に新しい人生を踏み出すため画廊を開いた。やがて、商売が軌道に乗ったマックスはある日、同じ元軍人で画家を目指すひとりの青年アドルフ・ヒトラーと出会う。すぐに意気投合する2人。マックスのアドバイスに対し耳を傾け絵画に打ち込むアドルフ。一方で生活の苦しい彼は、持ち前の弁舌を買われ、陸軍将校の代理で反ユダヤの演説を行い幾ばくかの金を得るのだったが…。

画家を志していたアドロフ・ヒトラー。
彼の夢は、ある画商の記憶の中に残された。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
若い日のヒトラーを描いてるんですが、事実なのかは?
若いヒトラーは繊細で人間味もありますが、神経質で自意識が高く一つの事に執着するタイプの青年でした。
そんな青年が出会うのは先の大戦で腕を失い画商を始めだしたユダヤ人の裕福な男マックス。
美しい妻が居るにも関わらず愛人まで作りエキセントリックな絵を扱ってた。

2人は意気投合し、マックスはヒトラーにアドバイスをする。絵画に打ち込んだヒトラーの生活は苦しくなる一方だけどただただ絵に打ち込むのよね。そんな彼が見たマックスは適当なように見えちゃいイラついたりするんだけど、画家になる!とぶれないんですよね。
良くも悪くもヒトラーそのものなのかも知れないです。
そんなヒトラーは弁舌が上手く将校に頼まれ演説し技かな報酬を得る。
でも、実質ヒトラーは仲間がユダヤ人への差別発言を止める立場だったんだけどね。
演説は反ユダヤ、そしてマックスはユダヤ人で裕福な家庭で…すれ違っていく二人。
ラスト近くの彼の演説はもう良く知るヒトラーとなりつつありました。
もし、マックスに悲劇が訪れず待ち合わせ場所に行けてたら、世界は変わったのかも知れないです。まぁそれだけでは勿論、無いんでしょうけどね。人の運命には分岐点やきっかけがあるって事でしょう。

演じたノア・テリーの演技は素晴らしい、将来の暴君の面影を出しつつも、若く画商に認めてほしいと言う思いを表現してました。
ただ会話が哲学的で難しいんですよね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード