2012_05
17
(Thu)22:51

明りを灯す人

明りを灯す人 [DVD]明りを灯す人 [DVD]
(2012/05/07)
アクタン・アリム・クバト、タアライカン・アバゾバ 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/10/08
製作国: キルギス フランス ドイツ イタリア オランダ
配給: ビターズ・エンド
上映時間: 80分
監督: アクタン・アリム・クバト
出演:アクタン・アブディカリコフ(アクタン・アリム・クバト)、アクタン・アリム・クバト、タアライカン・アバゾバ、アスカット・スライマノフ

キルギスの小さな村に暮らす電気工。村の人々から“明り屋さん”と呼ばれ愛される彼の夢は、風車を作り村の電気をまかなうことだったが……。アクタン・アリム・クバト監督・脚本・主演による、心温まるエコライフ・ムーヴィー。


心にも明りを

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
キルギスの映画って初めてなのかも?場所は…ロシアの下の方ですよね(-_-;)
電気工で村人から明り屋さんと呼ばれてる彼は高騰する電気代を払えない家のメーターを調整して電気を融通してあげてた。ある意味、電気泥棒さんなんだけど、警察にも捕まっちゃうけどそこはまぁ小さな村で…。自然が豊かである村だけど若者は出て行き村の財政は苦しく電気代も高すぎる!のがダメだと風車を使った発電を夢見てるんですよ彼は。
素朴な日常を描き、男は夢をかなえるのか?ってファンタジー的な雰囲気の前半。
だけど後半は現実です…そして決してラストはハッピーでは無い、だけど小さな明りと共に希望は残る。彼が足代わりにしてた自転車も受け継ぐ者がいる。

前半は彼と村人達の暮らしを描く、決して裕福では無いけど皆が貧しいけど、それがどうした?ってくらいです。裕福の価値観がいかに上辺だけか…って思います。友人たちとの関係も良いです。家族も仲が良くって幸せがそこにはあります。でも、ある日、小さな村だけど総選挙の票集めに都会から男が現れ甘い言葉を囁くが村長はそんな言葉には惑わされない。だけど男が風力発電の夢を語ると力を貸すと申し出る。男も有頂天になるが、その言葉も政治家らしい上辺だけ…それを理解するのは友人でもあった村長の死と、生きるために夢をあきらめた若い女性の落ちて行こうとしてる様を見た時…彼は許せなかった。
でも、政治家はその結果に男を許せなかった…

純粋に安い電気で村の人々が生活に楽しみと明かりを得ればよいと考えただけなのに…それを実現する力のある人間はまず自分の利権からしか考えない。

何だか今の日本を表してる気がしてなんと切ないですね。
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック