2012_05
07
(Mon)22:52

一命

一命 スタンダード・エディション [DVD]一命 スタンダード・エディション [DVD]
(2012/04/13)
市川海老蔵、瑛太 他

商品詳細を見る


ジャンル: 任侠/時代劇
製作年: 2011年
初公開年月: 2011/10/15
製作国: 日本
配給: 松竹
上映時間: 126分
監督: 三池崇史
原作: 滝口康彦 『異聞浪人記』
出演:市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、竹中直人、青木崇高、新井浩文、波岡一喜、天野義久、大門伍朗、平岳大、市川海老蔵[11代目]、役所広司


17世紀、天下太平の江戸時代初頭。しかし一方では、幕府による理不尽な御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人があふれていた。巷では、そんな浪人たちが裕福な大名屋敷に押しかけ、“切腹のために庭先を拝借”と願い出て、困惑する屋敷の者から金銭を巻き上げる“狂言切腹”が横行していた。そんなある日、名門・井伊家の前にも切腹を願い出る津雲半四郎と名乗る浪人が現われるが…。

いのちを懸けて、問う――

なぜ男は、切腹を願い出たのか――。世界を圧倒した衝撃の超大作。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
体面か…本当に命はたった一つなんですよね。
不格好だって犯罪を犯さない限り一生懸命に生きることが命を与えられた者の務めって気がするんですけどね。

エグいシーンがあるらしいとの評判だったけど、上映中は見たかった…2Dで(-_-;)
でも、今作3Dが売りだったのでご近所さんでは通常版も無く、上映時間も合わずスルー。
で、肝心のシーンは大丈夫でした…まぁ竹光は厳しそうでしたが、うん痛そうです。

だれだって狂言で切腹したいなんて思いません。武士は武士なりにそれらしい理由があってこその切腹です。だけど時代は武士ですら差別化が生まれてて浪人なんて存在があって、そして生活に切羽詰まってたんです。刀すらお金に換え、愛する妻も病弱で幼い息子も病気をして、だから切腹じゃ無く、迷惑がる金持ち大名がお金を払って門前払いを目当てに狂言を言う。
でも、大名家は選ばなあかんね~戦国時代も収束し、武士が武士としての仕事を忘れかけても魂を持つ武士は居てて…狂言なんて許さん!なんて思ってる家老が居た事が不幸。

金をせびるつもりが、切腹をおぜん立てされちゃって、それでも若くても武士、腹をくくって切腹に挑むけどまるで苛めのようにとどめを刺してくれない。見兼ねた家老が自ら手を下す始末。そんな切腹があったと…懲りずに切腹を言い出てきた浪人に語る。

そして浪人はも用意された切腹の場で最後の願いとして武術に秀でた者を指定するが出仕しておらず、他の者を言うがそれらも出て来ておらず異変に気が付く家老に浪人は語り始める…

予告と番宣とレビューでおおよその内容を把握しててそのままでしたが、まさかそう言う敵の討ち方もあるんだなぁ~それもまた武士の体面なんですよね。

ほっとけば伸びるやんって思うんやけど、その間も我慢できないのかしらね?!
ある意味、意固地な性格だけどそれが武士だと言われればそうかも?って思ってしまう日本人だったりします。

切なくって苦しくって…ラストは決してハッピーじゃないんですよね。なのに悪意を持ってた人間も居なかったように思います。まぁ介添え人はちょっと嫌だったけど(-_-;)

オリジナル「切腹」も見たくなりましたが、モノクロだと刀と竹光の差が解りにくそうですね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック