2012_05
06
(Sun)20:55

イリュージョニスト

イリュージョニスト [Blu-ray]イリュージョニスト [Blu-ray]
(2011/10/08)
不明

商品詳細を見る

ジャンル: アニメーション
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/03/26
製作国: イギリス=フランス
配給: クロックワークス、三鷹の森ジブリ美術館
上映時間 :80分
監督: シルヴァン・ショメ
出演:ジャン=クロード・ドンダ、エイリー・ランキン

1950年代のパリ。しがないドサ回りの日を送る初老の手品師タチシェフは、訪れたスコットランドの離島でひとりの貧しい少女アリスと出会う。手品師を何でも叶えてくれる“魔法使い”と信じ、島を離れる彼に付いてきてしまうアリス。彼女と一緒に暮らし始めたタチシェフは、落ちぶれた自分を尊敬の眼差しで慕うアリスに、いつしか生き別れた娘の面影を重ねるようになるが…。

これが最後の手品(イリュージョン)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
少女は女になるんです。それを素直に認め身を引くマジシャンがなんだか素敵でした。
ジブリが配給してる作品だけに映像が美しい、特に雨のシーンを多用してますが良いです。

大きな町で興行してる初老のマジシャン、追われるように地方へ。そこで知り合う少女は彼を魔法使いだと信じて後を追う。
マジシャンは親切な彼女にお礼をしただけなんだけどね。
ある街に流れ着いた二人は大道芸人が集まるホテルへ身を寄せる。そして舞台に立つマジシャンだけど、彼女の要求は底を知らず、アルバイトまでして彼女に与える。だけど少女は大人の女に踏み出すんだよね~恋する彼女、そして決断するマジシャン。
活字で見ると貪欲な女に感じる少女だけど、映像を見ると違う印象を持ちます。
なんだろう…ごく普通の少女なんです。だからこそ、マジシャンは認め離れる決意をしたんだろうと思う。

マジシャンたちが暮らすホテルの大道芸人たちの個性と時代が変化した悲しさなどを描いてます。それは見た目や仕事に相反してなんとも悲しげであったりします。
マジシャンも舞台を追われてしまい、与えられた仕事は客寄せ…そこに満足しない彼、そして離れる少女、商売道具のうさぎを逃がし、次の町に移るマジシャン。

そして少女に現実を教え、手に入れそうな幸せを願う。

マジシャンは純粋に信じる少女を拒めなかったのか?それとも家族を得ることに喜びを見出したのか?少女もまた本当に魔法使いだと信じ付いて行ったのか?
ただ、二人はお互いに必要だったのかも?そしてそこにはいずれ別れも理解してたのかも知れない。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック