2012_04
10
(Tue)23:01

孫文の義士団-ボディガード&アサシンズ-

孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ- スペシャル・エディション [Blu-ray]孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ- スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2011/11/02)
ドニー・イェン、レオン・ライ 他

商品詳細を見る

ジャンル: アクション
製作年: 2009年
初公開年月: 2011/04/16
製作国: 中国=香港
配給: ギャガ
上映時間: 138分
監督: テディ・チャン
出演:ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ワン・シュエチー、レオン・カーフェイ、フー・ジュン、エリック・ツァン、クリス・リー[歌手]、サイモン・ヤム、ワン・シュエチー


清朝末期の香港。ある時、同志たちと武装蜂起へ向けた協議を行うため孫文が香港入りするとの極秘情報が流れる。このチャンスに西太后は500人もの暗殺団を送り込む。これに対し、市井の民を集めた義士団が結成される。彼らに課された使命は、孫文の影武者と共に囮となり、会談が終わるまでの1時間を暗殺団相手に戦い抜くというものだった。


1時間、その男を守りぬく

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

設定にはかなりの無理があるけど…歴史的な事項を頑張って絡めた!感いっぱいだけど、娯楽作品としてアクションものとしては最高だと思う。

誰の為に何のために命を懸けてまで守りたかったのか?それは大義でも孫文への尊敬でも無い…それらの根底があるのは、年齢を重ねた大人?二人。ゆえに一人は強行しようとし、一人は躊躇する。
実際に彼らの為に動くのは、父への反発と認めてもらいたい一心であったり、恩のある主のためであったり、元の場所に帰るためだったり、父親や仲間の意志を継ぎ、敵を討つため、幼い娘のため…そして死に場所を求めてる者だったりする。そんな彼らを前半は丁重に描き人となりを教えてくれ、後半はそれらの人々の死闘が繰り広げられる。アクションの見せ方は最高で立体感があり緊張感があり静から動へ、またその逆の展開などメリハリがありかっこ良いです。カンフーだけでなく、肉弾戦もあり、ある意味神がかりだったりもします。それぞれが亡くなる寸前の楽しい思い出や想像が切ないですね。アクションシーンラストの息子だけはと庇ってた父親の哀しみが辛いです。

長いけど前半もダレることが無く、後半のアクションに移行。後は手に汗握って楽しむ!
ただ設定だけは突っ込みどころ満載で、実を言うと”孫文”では無くても良かったりするのかも~です。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

孫文の義士団/十月圍城

辛亥革命前の香港を孫文が訪れる。しかし清の西太后は彼の暗殺を命令するのだった。暗殺団500人を相手に名もなき8名の義士が立ち向かう姿を描いた歴史アクションが本作だ。出演はドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーほか、アジアを代表するそうそうたる俳...

2012.04.10 (Tue) 23:28 | LOVE Cinemas 調布