BIUTIFUL ビューティフル

  • 2012/02/27(月) 21:56:25

BIUTIFUL ビューティフル [DVD]BIUTIFUL ビューティフル [DVD]
(2012/01/27)
ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/06/25
製作国: スペイン=メキシコ
配給: ファントム・フィルム
上映時間: 148分
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリト
出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン、アナー・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレヤ、ルオ・チン


バルセロナの裏社会を舞台に、ある日突然余命2ヵ月を宣告され絶望にうちひしがれる男が、それでも愛する2人の子どものために残された日々を懸命に生きる姿を描く。大都会の片隅で、移民や不法滞在者を相手に、時には違法なことにも手を染めて日々の糧を得ている男、ウスバル。愛する2人の子どもたちを男手ひとつで懸命に育てていた。ところがある日、彼は末期ガンで余命2ヵ月と宣告される。死の恐怖にも増して、何よりも遺される子どもたちの今後が、苦しみとして重くのしかかってくるウスバルだったが…。

“絶望”の中にも必ず“光”は存在する。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

これは困った…レビューが書けない…余りにも重い。小さなハッピーは感じるけど全く救いになってない気がする。

冒頭のシーンがラスト、それ以外は時系列通りでこの監督の作品としては見やすいと思う。

移民で犯罪を犯さなきゃ生きるすべを見いだせない状況に居てる男ウルバス、彼には二人の子供が居てた。妻は情緒不安定で別居、親権は彼だった。責任を持って子供たちを愛し育ててるけど、体調不良で病院に行った彼に突きつけられた現実。
子供たちの為に…すべきことを模索する。

彼に関わる人たちを丁寧に描いてる事で、逆に救いが無い状況が浮かぶ、信用して子供たちを託せる相手を見つけるが、その女性に更なる苦しみを与えてしまう結果になるのでは?それが解っててもなお頼るしか無い状況・・・負が連鎖していく感じが息苦しい。
長いし・・・重いし、見るのには勇気が必須、でも見る価値はあると思う。
タイトルと内容の対照的だけど一瞬の美しい映像がとっても美しい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BIUTIFUL ビューティフル

『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。...

  • From: LOVE Cinemas 調布 |
  • 2012/02/27(月) 23:05:26

この記事に対するコメント

ん・・・

ほんとに、現実に生きる者には
救いが無いような作品でしたね。
ウスバルは恐らく苦しみから解放されたんでしょうけど・・・

精一杯生き抜いた姿は見る価値がありましたね。
ハビエル・バルデム、さすがの存在感だったと思います。

  • 投稿者: YAN
  • 2012/02/28(火) 17:29:21
  • [編集]

Re: ん・・・

YNAさまへ

こう言う現実もあるんだ!と訴えかけられてるようでした。
そう言う事実を知ってる子どもたちが未来を変えてくれる事を願って…

生きることは難しいけど潔く死を迎える準備をするのもまた難しいです。

  • 投稿者: 夢眠
  • 2012/03/07(水) 21:05:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する