2012_01
30
(Mon)20:49

J・エドガー

J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2011年
初公開年月: 2012/01/28
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 137分
監督: クリント・イーストウッド
出演: レオナルド・ディカプリオ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジョシュ・ルーカス ジュディ・デンチ

FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長官の家が爆弾テロ事件の捜査で注目された彼は、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。独善的な彼には批判も多かったが、彼は成果を挙げ続けた。そんな彼を支えたのは、生涯彼の右腕であったトルソン副長官
J・エドガー - goo 映画


だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2012.01.28  J・エドガー


フーバー長官って聞き覚えがあるんですよね。でも?誰?って聞かれたら謎だったりするんだけどそっかFBI創立者?だったんだ~って思うとなんだか納得(笑)

で、フーバー事、エドガーって人物はマザコンでゲイだったのね。ただ彼は平和の為にと考えつつ現代に通じる捜査方法を確立する事になる…

切っ掛けは共産主義、俗にいう赤狩り…共産主義が出てきた背景、それを取り締まるために生まれたFBI、必要に迫られてどちらも生まれたのでは無いかと思う。
もともと役人だった彼の最初の業績は図書館での本の仕分け…それを捜査にも生かす。指紋を集め識別し犯罪者に当てはめる。科学捜査も、証言だけでは得れない確証を得るために取り入れる。

当時は…本人が犯人逮捕の実績がなければ英雄じゃ無かった?彼はその実績を作るために現場に出たりもする。彼が得た部下は信用できそして愛まであるのね(-_-;)ゲイの要素は生まれつき?ただ性格そのものは、彼がそうなった原因は吃音を克服するための母のしつけと過剰なほどの愛情ではないでしょうか?

プロポーズした女性は仕事に生きたいと振られるけど一生、彼をもっとも理解する秘書を続ける。創立から携わった3人が老齢になってもその地位に居てるのが時代なのかびっくりですね。

彼は…批判されることを嫌い根深く恨むのが執拗で女性っぽい。母の死にショックを受け一生、友人を得ず傍には信用できる秘書と愛を感じる部下、誰も信用できず秘密を得て自分の立場を守る事に固執してるのは少し哀れな気がしました。

ただ現代の捜査の基盤を作った事は凄いと思うんですけどね。

老齢の3名はその年齢に及ばない俳優が特殊メイクで演じてましたが…違う俳優でも良かったのでは?と思いつつ、おじいちゃんのディカプリオってこんな感じ?って思いました。
若い時の方が印象が薄い…何せ回想だから(-_-;)

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

J・エドガー/J. Edgar

クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナ...

2012.01.30 (Mon) 23:51 | LOVE Cinemas 調布