危険な動物たち

危険な動物たち [DVD]危険な動物たち [DVD]
(2006/10/12)
ジョン・クリーズ、ケビン・クライン 他

商品詳細を見る

ジャンル: コメディ
原題: Fierce Creatures
製作年: 1997年
初公開年月: 1997/09/
製作国: アメリカ
配給: UIP
上映時間: 93分
監督: フレッド・スケピシ ロバート・ヤング
出演: ジェイミー・リー・カーティス/ケビン・クライン/マイケル・ペリン/ロニー・コルヴェット


国のマーウッド動物園は、アメリカに本社を置く世界的大企業オクトパス社の冷酷非道な社長ロッド・マッケイン(ケヴィン・クライン)によって買収された。新園長に就任したロロ(ジョン・クリース)は会社に義務づけられた増収を図るため、凶暴で獰猛な猛獣たちのみで構成される画期的な動物園で、刺激とアブなさを求める観客たちの動員を狙う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
続けて同じ出演者の作品を鑑賞。
物語の内容は全く違いますがテイストは同じ、ただ好みとしては前作ワンダ…の方が大好きです。
アメリカ資本のイギリスの動物園、経営者に20%アップを言われ試行錯誤する園長は強固に出るが飼育員のスタッフからは大ヒンシュク!可愛い動物は処分しろって言われ自分じゃ出来ないから園長に振られるけど園長は殺した振りをして自宅に引き取るような優しい人。
そこへ視察に訪れたのがなんとしても認めてほしい女性キャリアとおバカな社長の息子、このバカ息子が何かと経営に口をだし滅茶苦茶な状況に、女性は動物園の存在意義を見出し何とか守りたいと思う、更に園長に惹かれて…そして社長はお金にしか興味なくって…そんな経営陣に振り回される飼育員たちも個性的でなんだか良い感じ。

社長の訪問、動物園の行方、バカ息子の横領と女性に誤解を与える園長の行動などなどが終結に向かうきっかけは飼育係のミス?ミスを逆手に動物園を守り、まぁバカな息子も守った?のかなぁ~
先の作品もだけどこう言うナンセンスなコメディってイギリス的な感じで嫌いじゃ無いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード