ワンダとダイヤと優しい奴ら <特別編>

ワンダとダイヤと優しい奴ら (特別編) [DVD]ワンダとダイヤと優しい奴ら (特別編) [DVD]
(2009/01/09)
トム・ジョーンズ、ケビン・クライン 他

商品詳細を見る

ジャンル: コメディ
原題: A Fish called Wanda
製作年: 1988年
初公開年月: 1989/04/
製作国: アメリカ
配給: MGM/UA映画=UIP
上映時間: 108分
監督: チャールズ・クライトン ジョン・クリーズ
出演:ケビン・クライン、ジョン・クリーズ、ジェイミー・リー・カーティス、マイケル・パリン、マリア・エイトキン、トム・ジョージソン、トム・ジョーンズ


4人組の強盗によってロンドンの宝石店から1300万ポンドのダイヤが盗まれた。主犯格のジョージは捕まったものの、肝心のダイヤの行方はようとして知れない。強盗団の紅一点ワンダ(カーティス)はオットー(クライン)と組んで、ジョージの弁護士(クリーズ)に色仕掛けで接近、ダイヤの隠し場所を聞き出そうとする……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
これなんで?今まで見ようと思わなかったんでしょうか?そう言えばコメディってほとんど見ない時期があったなぁ~今作はとっても好きです。
シュールなジョーク、最初は誰が得をするんだ?って思いつつ見てますが、途中で女性と誰が逃げ切るのか?って思って見てました。

ジョージは恋人ワンダが持ちかけた銀行強盗の計画をする。協力は彼女の兄のオットー、見事に成功するけど、兄は実は恋人で…このワンダって女性、外国語にめっぽう弱い、兄と言ってたオットーはイギリス人を異常に嫌い、少し頭が弱い?って言うか思い込みが激しい。そしてジョージに雇われてる吃音症の男がとにかく動物、お魚が大好き♪である意味、凄い大活躍。
ワンダとオットーは強奪した後ジョージを警察に垂れこむが、奪ったダイヤが消えてて行方を知ってるのがジョージだけ…二人は兄妹の芝居を続けながら面会に行き何とか隠し場所を行き出そうとするけど、ジョージは兄のオットーを信用しておらず失敗、的をジョージの弁護士に切り替え近づくワンダ、堅物の弁護士に色仕掛け、焼きもちを焼くオットーたちのドタバタと吃音症の男がジョージに頼まれた目撃者のおばあさんの殺害作戦を描くんだけど…
殺害ミッションが非常に可笑しい…彼は人に感情を移行しないけど失敗しつつ飼い犬を殺しちゃうと深く反省し心を痛めるのよね(笑)でも、ことごとく失敗しちゃって飼い犬は3匹で…その行動がかなりツボで爆笑してしまった。

ワンダの外国語に対する性欲や弁護士の豹変、オットーのおバカな行動、始まった裁判でのドタバタとラストに繋がる逃亡、さて?ワンダは誰と逃げちゃうんでしょう~って感じで見入る。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード