クロエ

クロエ [DVD]クロエ [DVD]
(2011/11/02)
ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2009年
初公開年月: 2011/05/28
製作国: カナダ=フランス=アメリカ
配給: ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオン
上映時間: 96分
監督: アトム・エゴヤン
出演:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、マックス・シエリオット、ニーナ・ドブレフ、ミシュー・ヴェラーニ、ジュリー・カーナー、ローラ・デ・カートレット、ナタリー・リジンスカ、アマンダ・セイフライド

愛する夫の不実を疑った妻が、夫を試すべく若い娼婦を雇ったばかりに、思いがけず自らが次第に追い詰められていくさまを描いた官能ミステリー・サスペンス。出演はジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド。監督は「秘密のかけら」のアトム・エゴヤン。大学教授の夫デビッドとひとり息子のマイケルとともに何不自由ない毎日を送る産婦人科医のキャサリン。しかしある日、夫デビッドの携帯を見た彼女は教え子との浮気を疑い始める。不安が募り、浮気の確証を得たいと考えた彼女は、若く美しい娼婦クロエに夫を誘惑してもらい、その時の夫の反応を探ることに。ほどなく、デビッドに接近したクロエから詳細な報告を受け始めるキャサリンだったが…。

あの人を誘惑して。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
オリジナルの「恍惚」を見終わって続けて鑑賞しました。
冒頭に娼婦の独白ががあり、その後に物語が始まりますが、オリジナルとそっくりです。
裕福な家庭、仕事をし自立してる妻、息子は今どきの反抗をみせてますが、特に大きな問題も無い。そして今夜は旦那の誕生日のサプライズパーティー、だけど夫は出張先から飛行機に乗り遅れパーティーには間に合わない。翌朝、目覚めると帰宅してる夫、直ぐに出かけた夫が忘れた携帯電話にはメールと若い女性と写ってる写真を見て浮気を疑う十分な証拠だった。

そして妻は娼婦と出会う、ここからオリジナルと少しずつ違う方向性に流れていきます。
娼婦とはレストランのトイレで出会う、辛そうにしてる娼婦に声を掛け優しく接する妻、だけどその行為が娼婦にとっては意味を持つ。娼婦は母に関するトラウマを抱えてるのか憧れなのか?よく解りませんが、母=優しかった年上の女性、そして女性は特別な人に昇格していくの…そおに説明も無く何故?と思うだけなんだけど、娼婦はその日、初めて接した妻に母の形見を渡そうとするの。次に出会ったバーでも声を掛けてきたのは娼婦、妻は同じ町で見かける彼女の仕事を察してて夫を誘惑する事を依頼する。

そして娼婦の報告は赤裸々で、今作では想像のストーリーも画として展開しますが、話は徐々にエスカレート、妻はその話で感じちゃうと言うか…本当に話だけの方が官能的であるとのだと思います。妻は途中で止めようとするんだけど、娼婦は報告に現れる…でもね、娼婦の話は妻が望んでるような事を言ってる気がするんだけどね。悲しく思う妻を慰める娼婦…二人は体の関係まで持ってしまう。娼婦の意図、目的は妻の全てを手に入れたいと言う願望、オリジナルでも娼婦の意図に振り回されるけど、オリジナルはただ単に楽に儲けたいだけで、内容が地合えばここまで違う方向へ行くものですね…

だけど妻は決意し行動を起こした事で夫と娼婦ん真実が明らかになり、娼婦を拒絶する妻。拒まれた娼婦は息子に近づき、悲劇が…
結局、娼婦の勝利だったのか?と思わせるラスト、息子の卒業祝いの集まり、妻の纏めた髪にはあの娼婦の髪飾りが、そんな妻を複雑な目で見つめる息子と旦那…

英語圏の作品にしてはカフェの使い方とかがオシャレな感じだったけど、盛り上がりとして事件が必須なのね。と思うと淡々と終わっちゃうヨーロッパ的な方が好きです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロエ

フランス映画「恍惚」のハリウッドリメイク。夫の浮気を疑うあまり、娼婦を使ってまで夫を試そうとした妻が予想外の方向へと追い詰められてゆく姿を描いた官能サスペンスだ。主演は『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーアと『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・...

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~

「恍惚」のストーリーと一部同じだけれども、
夫の浮気の事実や、娼婦の目的やしつこさが違ったみたいですね。

夢眠さんは淡々としたヨーロッパ的な方が好みのようで。
私はクロエの方が、起伏があって面白そうって感じたけど、
映像を見ると、また感じ方が違ってくるかも。

妻と娼婦が肉体関係になるのは、「恍惚」の方が、
理解しやすいです。
嫉妬とか、ヤケになってとかで。

Re: なるほど~

YANさまへ

オリジナルとリメイクを続けてみると楽しいです。
クロエの方が現代的で解りやすいですね。
恍惚は雰囲気が好きです。

どちらも女性が老い?若さを失う切なさが…寂しいですね。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード