2011_11
23
(Wed)21:16

アレクサンドリア

アレクサンドリア [Blu-ray]アレクサンドリア [Blu-ray]
(2011/09/09)
レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2009年
初公開年月: 2011/03/05
製作国:スペイン
配給: ギャガ
上映時間: 127分
監督: アレハンドロ・アメナーバル
出演:レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック、サミ・サミール

ローマ帝国崩壊寸前の4世紀末。エジプトの中心都市アレクサンドリアにも徐々に混乱の足音が迫りつつあった。そんな中、美貌と明晰な頭脳を兼ね備えた女性天文学者ヒュパティアは、学問に生涯を捧げ宇宙の真理を解明することに情熱を傾けていた。しかし、急速に台頭してきたキリスト教徒と科学者たちの対立が激化し、ついにはヒュパティアが大切にしてきた図書館が犠牲となってしまう。


そこは、真実が
滅び去った場所。

4世紀、世界の学問の中心地で伝説を残した、実在の女性天文学者の物語。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
主教とは何か?キリスト教徒は?本当の神の意志とは?そんな問いを感じる作品でした。
遠い昔のローマ、日本と同じ?多神教で女性も学問を普通に出来て指導者の立場で居れた時代。キリスト教が進行し始めてた。新興宗教を険悪に感じてる博識者たち…ここで頭打ちをしようと考えた結果、キリスト教が逆襲する。多くの弟子を持ってた女性の天文がくしゃヒュパティは奴隷に好意を持たれてたが結局は古い習慣は主と奴隷でしかあれず彼は改宗する。
キリスト教とユダヤ教が実質支配し、権力者も改宗する時代になるが女性の学者は学問を続ける…時代は平和を許さず今度はユダヤ教徒キリスト教が敵対しはじめ宗教は女性の進出を拒み天文学者は凶弾されることに…だけどね、あの奴隷はやっと気が付く…でも、時は既に遅く彼の出来ることは限られてた…

なんだかね~宗教の意味ってなんですか?日本は島国良かったと思ったよ~
キリスト教は入って来たけど日本の文化も思考も守られたと思う。
全てを破壊し、積み上げた学問も建造物も拒絶され破壊されて貴重な歴史や思想が失われるなんて悲劇しかないです。宗教は今までの歴史をクリアにしちゃう…リセットボタンを押すように簡単に…でも、それって必要でしょうか?積み上げたものに更なる思考を与えるべきでは?そういう意味では科学の方が過去の経験を尊重してますよね。

この作品を見て宗教戦争の根本を感じました。土着の宗教を拒絶し悪だと判断し消し去ろうとする…それがまかり通ってるのは違う気がします。キリストは神が本当に言いたかった事はなんでようか?と疑問にしか感じないのは無神論者だからなのかしら?それとも神を利用する人間の強欲の方がはるかに神の力より強いからなんでしょうか…悲しい。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

アレクサンドリア

4世紀のエジプトはアレキサンドリアを舞台に、女性天文学者ヒュパティアの悲劇の運命を描いた歴史ドラマだ。主演は『ラブリーボーン』のレイチェル・ワイズ。共演にマックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック。監督は『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバルが務める。...

2011.11.23 (Wed) 22:08 | LOVE Cinemas 調布