アジョシ

アジョシ オリジナル・サウンドトラックアジョシ オリジナル・サウンドトラック
(2011/09/14)
V.A.

商品詳細を見る

ジャンル: アクション
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/09/17
製作国: 韓国
配給: 東映
上映時間: 119分
監督: イ・ジョンボム
出演: ウォンビン キム・セロン キム・ヒウォン ソン・ヨンチャン キム・テフン



町の片隅で質屋を営む青年テシク。お客以外に訪ねてくるのは、隣の部屋に住む少女ソミだけだ。ダンサーの母親と二人暮らしのソミには“アジョシ(おじさん)”と呼ぶテシクだけが唯一の友だちだった。ある日、ソミが家に帰ると見知らぬ男たちが待っていた。ソミの母親が組織から盗んだ麻薬を取り返しに来たのだ。組織の男たちはソミをさらい、テシクを警察へのおとりにする計画を立てる。しかし、彼らが知らない事があった…。
アジョシ - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2011.09  アジョシ

韓国の作品を映画館で見るって久々かも?韓国らしい暴力描写もありますが、まぁ許せる範囲だったか?最後の目玉はちょっと…ですが(-_-;)

冒頭は麻薬捜査官がずっと張り込んだのに失敗しちゃうシーンです。
一転、質屋を訪れる少女、彼女を拒否しながらも受け入れる隣のおじさんテシク。彼は他人を拒否しつつも少女ソミを気にかけてる。
ソミもテシクを慕うがある事でソミは現実を実感するけど、少し違ってたのね。
誤解をしたソミ…そんな二人とは全く関係ない次元で事は起こる…それはソミの母親が絡んでたから、母親が大事なものを質屋に預けてしまったから…
何となく巻き込まれてしまったテシクだけど、ソミ母娘を助けようと動くことで深みにハマっちゃってとことん最悪な兄弟と対峙しつつ、警察にも追われることになる。
テシクの過去も明らかになりつつ、子供を使う犯罪や臓器売買なども露見し負の部分を見せつつテシクの復讐劇のような展開になり、でも実は…と何となくホッとするラストでした。
ソミはどうもさびしい人間に敏感で気になっちゃうようですね、そのお蔭でテシクを始め敵まで味方にしちゃった?自分の命も守ってる感じでした。子供なりのカンなのかも知れない?
テシクの復讐はソミの思いやりで回避することに…でも、駆け寄ったソミを抱きしめることのできないテシク、銃を反対の手に持ってたからかも知れないけど…でも、ラストはソミを抱き締める…やっと本当の意味で立ち直ったのかも知れないですね。ラストも切な過ぎず良い感じでしたよ。

それにしてもテシクを演じたウォン・ビンは最初髪がボサボサで童顔だし…瞬間?アイドル映画?って思いましたが、体は鍛えてる、髪を切ったシーンからやたらかっこよくって♪
やっぱり男は長髪より短髪が良い!です。 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アジョシ/???

2010年に公開されナンバー1ヒットを記録した作品。主演のウォンビンは韓国のアカデミー賞にあたる大鐘賞で主演男優賞を受賞した。心に深い傷を負った男がとある少女と心を通わせ、その少女がマフィアに浚われると彼女を救うために完全と立ち向かう。少女役は『冬の小...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じく、劇場での韓国映画は久しぶりでした。
韓国の俳優ってどうしても日本人の誰それに似てるっとか
思いながら見てしまう・・
それと顔の区別をするのが苦手で、敵か味方か判らなくなって
トホホホ・・(もちろん主役は判った!)

夢眠さんとは逆で、あの長髪のまま戦ってほしかったよ。
短髪もかっこいいけど、いかにもって感じで・・・

レオンの韓国版とかの前評判だったので、子役がどんな
演技するのかって、期待したけど、どうなん?

Re: No title

小太郎さまへ

日本人に似てるから解らないのか?不思議と区別は…つきにくいですね(^_^;)
> トホホホ・・(もちろん主役は判った!)
それすら冒頭不安でした…
髪は好みの一環で?短髪が無条件に好きなんですよね(^_^;)
確かにいかにも~な感じでしたが(笑)

レオンとはまた違った感じでしたよね。
子役は頑張ってたけど?存在感はそれほどじゃ無く(^_^;)
守る、救う?対象の象徴でしか無かったように思います。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード