アンフェア the answer

アンフェア the answer オリジナル・サウンドトラックアンフェア the answer オリジナル・サウンドトラック
(2011/09/14)
サントラ

商品詳細を見る

ジャンル: スリラー
製作年: 2011年
初公開年月: 2011/09/17
製作国: 日本
配給: 東宝
上映時間: 109分
監督: 佐藤嗣麻子
原作: 秦建日子
『推理小説』(河出文庫刊)
出演: 篠原涼子 佐藤浩市 山田孝之 阿部サダヲ 加藤雅也

殺人事件の容疑者となった人物が次に殺される、前代未聞の“予告殺人”が発生。そして、東京を追われ北海道・西紋別署に勤務する雪平に、その連続殺人の容疑がかかる。雪平夏見逮捕の一報が伝えられ騒然となる警視庁内。緊迫する状況の中、雪平は事件の真相を追い求め、警察からの逃避行を決意する。そこで判明する1つの事実。犯人の狙いは国家機密が隠されたUSBであった。USBをめぐり、元夫、同僚、上司、検察、凶悪犯罪者ら、雪平に近づく男たち。その背後で蠢く、国家を脅かす巨大な陰謀。様ざまな思惑が絡み合う中、予告殺人と警察の暗部をつなぐUSBを最後に手にするのは……。(作品資料より)
アンフェア the answer - goo 映画


あなたは、誰を信じるか?

雪平、最後の事件。
すべての答えが、そこにある。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2011.09  アンフェア the answer


映画の予告を見ててずっと「交渉人」と錯覚してた夢眠です。
今作の前作がテレビで放映されて初めて別物で主演女優すら違うことに気が付きました。似てません米倉さんと篠原さんって?作品のイメージも似てる?いやぁ~ファンにとったら全然違いますよね。なんて失礼な奴でしょう…ゴメン

それはともかく人物設定は繋がりがイマイチ解りませんが、この作品は意外と単体で完結してるようん思いました。まぁずっと見てる人にはあの人も裏切り者!ってのもあったかも知れませんが、アンフェアですからね…誰も信じれませんね。そうそう今回は娘…出てませんでしたが、娘が居てると言う設定に何か意味があるんでしょうか?

連続するネイルガンでの猟奇殺人、ネイルガンに残る指紋が継ぎの被害者となる状況に警察は振り回されてる…そして次の容疑者は雪平(これって凄く変わった名ですよね?)の元旦那。その元旦那は雪平を訪ねて北海道へ来てた…この二人何かを探ってる様子なんですが?その翌日元旦那は犠牲者となり次の容疑者は雪平で逮捕されちゃう。
でも、そこに東京から検事が来て助け出しちゃう…東京に戻った雪平は捜査を始めるのだけどキーワードは前回、病院で手に入れたUSBでそれは彼女が持ってたのよね。
結局、USBの争奪戦になっちゃうんだけど、本当の殺人犯ってある意味利用されてて、雪平の危険な目に合うんだけど犯人の性格を利用して…

伏線はそれなりに消化されます、更にエンドクレジット前にあの時ってシーンが丁寧に表されてます。そう言う意味ではすっきりですが、警察組織って腐ってます。勝手な正義を振り回し本当の正義が消えちゃってる感じですね。
純朴な青年を演じてた彼の豹変ぶり…良いですね~

続編は普通に作られると思いますよ。大きな意味で解決してない事が多そうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード