2011_09
24
(Sat)16:23

世界侵略:ロサンゼルス決戦

ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

(2050/12/31)
オリジナル・サウンドトラック

商品詳細を見る

ジャンル: SF
製作年: 2010年
初公開年月: 2011/09/17
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間: 116分
監督: ジョナサン・リーベスマン
出演: アーロン・エッカート ブリジット・モイナハン ミシェル・ロドリゲス マイケル・ペーニャ ニーヨ


2011年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、若い少尉・マルチネス率いる小隊が到着。除隊間近のナンツ2等軍曹も配属された小隊は、取り残された民間人救出の命を受ける。タイムリミットは3時間。その後は空爆が行われるのだ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 - goo 映画


それでも人類は戦うのか――。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2011.09  世界侵略 ロサンゼルス決戦


タイトル通りの作品です。地球規模とか宇宙規模とか無く…ロサンゼルスだけの、しかもすごく一部の小隊と民間人数人を描いてる。宇宙人じゃなくても可能?なのかも?まぁ獣医の出番が無きゃね?

小隊の人物描写は戦闘の24時間前を描いてます。過去の戦闘で部下を亡くし引退を希望する男、その男の部下だったために命を亡くした兄を思う弟、結婚式を間近に迎えようとしてる男、妻の出産を待ち望むもの…それぞれの人生を描き、直ぐに未知との生物の侵略を意識する事になる…

隕石が実は…軍は民間人の避難誘導と言いながら未知との生物と戦闘する事になる。

ここで主役を張るのは祖国のためなのかも知れないけど戦うことに身をささげるが引退を希望する男。彼の仲間は死なせてしまった部下の弟とか建前上指揮を握る士官学校を出たてのエリート。彼の評判はすこぶる悪い。付け焼刃な一正体が空爆を控え民間人の救出に向かうのだけど敵は何枚も上手だった?
戦場で知り合う同志は戦闘を免れた数人と中枢を破壊すべき工作部隊の唯一の生き残り。
そして民間人大人2名と子供3名!彼らはとにかく空爆までに基地に戻る事!ただそれだけに動いてるけど敵は不死身?!
急所を探りつつももう関係ないやんってくらい圧倒されてるんですけど…
それでも彼は諦めず民間人の救出を最優先に奮闘し空軍は全滅したものの何とか助かる道を模索する。幸いに基地を探してた隊員も一緒だし…民間人の安全を確保し一人決戦に向かおうとしてたけど次々い部下が参加し皆で基地を攻撃する。

まぁ圧倒的な敵も弱点がありそれを隠すために地下に…って事でしょうけどあっけない?
世界大戦希望とか全くなく、一小隊のお話でしたが。ラストは希望では終わりますが、小隊の安楽はいつ?くるのだろう?と模索します。

それにしてお疲れた作品で…ずっと緊張感が続くんですよね。

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは!

世界規模じゃなく、一部の小隊の話でしたが、
その狭い視点が自分の視点のようで、
リアルさがあって感情移入し易かったです。

あれで全てが終わったわけじゃなかったですね。
でも、あの不屈の精神を持ってすれば大丈夫と思わせる所が、
後味良くて、満足出来ました。

2012/01/20 (Fri) 16:34 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: こんにちは!

YANさまへ

働く人々!
危機に直面して自分のするべきことをする!
これって基本な気がします。
そんな視点のこの作品、好きです。

2012/02/01 (Wed) 22:28 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック