2011_09
15
(Thu)23:07

ブローン・アパート

ブローン・アパート [DVD]ブローン・アパート [DVD]
(2011/08/02)
ミシェル・ウィリアムズ、ユアン・マクレガー 他

商品詳細を見る

ジャンル: サスペンス
製作年: 2008年
初公開年月: 2011/01/29
製作国: イギリス
配給: リベロ+日活
上映時間: 100分
監督: シャロン・マグアイア
原作: クリス・クリーヴ
『息子を奪ったあなたへ』(早川書房刊)
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ユアン・マクレガー、マシュー・マクファディン、ニコラス・グリーヴス、シドニー・ジョンストン、サーシャ・ベアール、エドワード・ヒューズ、マシュー・マクファディン


警察の爆弾処理班の夫と4歳の息子とともに平穏な日々を送る若い母親。ある日、アーセナルの応援に向かった夫と息子を見送った彼女は、スタジアムに向かう新聞記者ジャスパーと偶然の再会を果たす。彼は一夜の過ちと思っていた情事の相手だったのだが…。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
テロは悲しみだけしか生まない、でも、そこに至る過程がある事も事実…と言うことを訴えたいのだと思う。ただこの母親のように許せいるか?って問われると絶対に許せない…とも思う。

最愛の息子、彼をいかに母親としていかに愛してるか…仲の良い親子を描く冒頭。
だけど旦那は既に自分を女性として見てくれない…母であるけど女でもある。息子にとっては良い父なのだけど…母親は紛らわすためにバーで一人飲む。そこで知り合った記者の男と情事。
一度きりの筈だったけど、息子と父親はスタジアムへ母はまた過ちを犯してしまう…そして情事の最中に中継してたテレビが伝えたのはテロで犠牲になる人々、そこには息子が!夫が!
駆けつける妻の目には息子の姿はなく自らも負傷し病院で目覚める。
情事の相手が病院へ見舞に…だけど避ける母親(当然)
母親は何も考えられず、町をうろつく…そこで見かけたアジア系といっても中東系?の少年の後を追い何故か声を掛ける。だけどその少年は…
母親に近づくもう一人の男と情事の相手の記者。
記者は関わってしまったために事件にも母親にも執着する。もう一人の男は事件後に出会うのだけど事件を実は知ってた?
何も信じれず帰宅する母親が見たのは最愛の息子…彼女は幻と暮らし始めるけど、先の少年とその母親に出会い現実に目覚める。でも母親は新しい命とともに乗り越え再生する…って誰の子?

母親は事件の時には女で、そのために息子を失ってかなりの嫌悪感を感じたのかも?!そしてまた母になると知った時、再生する?
夫を裏切った思いは無かった気がするけどね~子供は個であっても分身だから…誰が悪いとかを追求するような作品では無いです。テロの家族もしかりです。ただテロも戦争も無意味だと…悲しみしか生み出さないと…そう語ってるのだと思います。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ブローン・アパート

ヨーロッパで人気となったクリス・クリーヴの小説「息子を奪ったあなたへ」を映画化。不倫相手との情事の最中にテロで夫と息子を失った母親が、自らを責めながらも再生しようともがく様を描く。主演は『脳内ニューヨーク』のミシェル・ウィリアムズ。共演に『天使と悪魔』...

2011.09.16 (Fri) 00:30 | LOVE Cinemas 調布