セラフィーヌの庭

セラフィーヌの庭 [DVD]セラフィーヌの庭 [DVD]
(2010/12/22)
ヨランド・モロー

商品詳細を見る

ジャンル :ドラマ
製作年 :2008年
初公開年月 :2010/08/07
製作国 :フランス=ベルギー=ドイツ
配給 :アルシネテラン
上映時間 :126分
監督: マルタン・プロヴォスト
出演:ヨランド・モロー、ニコ・ログナー、セルジュ・ラヴィリエール、ヨランド・モロー、ウルリッヒ・トゥクール、アンヌ・ベネント、ジュヌヴィエーヴ・ムニシュ、フランソワーズ・ルブラン


貧しい暮らしの中、敬虔にして無垢な心のままに草花や果物を描き続けたセラフィーヌと、彼女の才能を見出したドイツ人画商が織りなす心の交流を綴る。1912年、フランスのパリ郊外サンリス。貧しく孤独な家政婦セラフィーヌは、草木や花々に話しかけ、部屋に籠もって黙々と絵を描く日々を送っていた。そんなある日、アンリ・ルソーを見出したドイツ人画商ヴィルヘルム・ウーデが、偶然目にした彼女の絵に心奪われ、援助を申し出るのだった。


花に話しかけて
木に耳をすませて
心のままに、私は描く。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
画家セラフィーヌ、自然をモチーフにした独特の作風は素朴で印象的。

彼女は軽い精神障害では無かったのか?シスターが問う、最近は頭を使ってる?と言う言葉が印象的で固執してしまったかも知れないけど、考える!事を意識しろ言ってる感じ。

彼女は50代まで色んな所に奉公し今は家政婦に…ある日、使える屋敷を間借りするドイツ人の世話をすることに。彼女は独特の染料で天使の啓示を受けて絵をかいてた。自然を愛し溶け込む彼女の絵はまるで葉が虫のような動きを見せる。

ドイツ人の間借り人はコレクターで偶然に彼女の絵を見つけ買い占める。だけど彼女は賛辞を素直に受け入れられず淡々と家政婦の仕事を続けてるが、評価を受け止めた時に戦争が起こりドイツ人は絵を描き続けろと言い残し去る。
数年後、戦争は終わり彼は帰ってくる…淡々と買い続けてた彼女の絵は格段に上達しパトロンになるが、初めて我を通せる環境になった彼女は欲望のままに浪費する。
そして大不況が世間を襲いパトロンにも影響が…ただ彼女はその状況を全く理解できない。
そして天使の声は頻繁に聞こえ、彼女は異質な行動に走る…

彼女は抑圧された環境で均等を保ってたのでしょうね。
才能はその純粋さによるものだけど、一般的な環境への順応は出来なかった…

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セラフィーヌの庭

フランスに実在した女性画家セラフィーヌ・ルイが画家として花開くも不遇な晩年を過ごす半生を描いた伝記ドラマだ。2009年のセザール賞で作品賞をはじめ7部門を獲得。特に主演のヨランド・モローは主演女優賞のほかに、アカデミー賞に最も強い影響を与えるといわれる...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード