リトル・ランボーズ

リトル・ランボーズ [DVD]リトル・ランボーズ [DVD]
(2011/06/02)
ビル・ミルナー、ウィル・ポールター 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2007年
初公開年月: 2010/11/06
製作国: イギリス=フランス
配給: スタイルジャム
上映時間: 94分
監督: ガース・ジェニングス
出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジュール・シトリュク、アンナ・ウィング、エイサ・バターフィールド、ジェシカ・スティーヴンソン、ニール・ダッジェオン、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュック


家族が所属する教会の戒律のため、テレビや映画などの娯楽を禁じられて育った小学5年生のウィル。窮屈な毎日を送る彼は、ひょんなことから学校きっての悪ガキ、リー・カーターと知り合う。そして、彼の自宅で生まれて初めての映画「ランボー」を観て、強い衝撃を受ける。すっかりランボーに夢中のウィルは、リーが兄のビデオカメラで作ろうとしていた自主映画に参加、自ら“ランボーの息子”になりきって主演するのだが…。


ボクたちの、想像力と友情が
世界をちょっとだけ変えるんだ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
友情は小さなきっかけ、運命にも似た出会いで生まれるのね。
宗教家で厳粛な家庭で暮らすウィルはテレビも禁じられ退屈な毎日、聖書にはいっぱの漫画が描かれてて想像力は豊。一方、母の再婚相手の老人ホームで暮らすカーターは暴力的な兄と二人暮らし。母と義父は外国で暮らし兄弟はほったらかしなのよね~
兄は冷たいけど、暴力的だけどそんな兄を愛してるカーター。
二人はテレビの授業を見れず廊下で自習をするウィルと授業中に悪さして廊下に出されたカーターが出会うの。

カーターはウィルがしてる腕時計が欲しくって言葉巧みに奪っちゃう。上手く行ったと思いつつも純粋に心配するウィルはカーターを自宅まで送っていくことに…そこで見た兄弟の関係よりもウィルは人生で初めて見た映画ランボーに感化されちゃう。
カーターは自主映画を撮っててウィルに手伝うように言う、二人は翌日からウィルがイメージする物語を撮影する事に…そこに生まれる友情が良いです。
でも、二人の方向は微妙にずれていく…その最大の原因はフランスからの交換学生。非常にカリスマの強い彼に感化された生徒たちと共に撮影に加わることに…

カーターは何故か切なさを感じるの…それは自分だけのウィルじゃ無くなったからか?やっぱり自分は一人なんだと悟ってしまったのか?

でも、撮影中に事故が起き、ウィルは危険な目に、他の生徒が逃げる中、助けるのはカーターそして彼の兄に対する思いをウィルにぶちまける。それはビデオに撮影されてて…でも、カーターは怪我をして入院。
だけどカーターの思いをウィルも兄も知ることになり、退院の時にとっても素敵なサプライズを用意してくれるの♪

素直な子供だって環境や家庭で素直に生きれない…でも、それなりに道を見つけるんですよね。そこには友人が必須なんですよね~とっても素敵な作品です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトル・ランボーズ

誰もが自分の子供時代を思い出すハートフルなヒューマンドラマ。「ランボー」が公開された1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になる2人の少年の心の変化を丁寧なタッチで描き出す。主演は新人のビル・ミルナーとウィル・ポールター。監督は『銀河ヒッチハイク...

コメントの投稿

非公開コメント

観ましたか

子供が主役の作品だけど、夢眠さんも楽しめたようですね!
ラストの映画がとっても良かったでしょう~?
あれを見るカーターの表情が目に焼き付いて、
思い出すだけでウルウルきてしまう私です。(^^;

環境や家庭って子供に大きな影響を与えるし、
友人もそうですよね。
だから、良い友人が必須だし、大切にしなくちゃね☆

Re: 観ましたか

YANさまへ

友達って大事!本当にそう思った。
そりゃ時にはぶつかるけど…誤解もあるけど
それを乗り越えた友情って本当に凄いって思う。

そして兄が弟の気持ちをわかってくれたのが嬉しい!
演技は下手だったけど(笑)
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード