ロゼッタ

ロゼッタ [DVD]ロゼッタ [DVD]
(2000/10/27)
エミリー・ドゥケンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 1999年
初公開年月: 2000/04/08
製作国: ベルギー=フランス
上映時間: 93分
監督: リュック=ピエール・ダルデンヌ
出演:エミリー・ドゥケンヌ、ファブリツィオ・ロンギオーヌ、アンヌ・イェルノー、オリヴィエ・グルメ、アンヌ・イェルノー、ファブリッツィオ・ロンギーヌ、エミリー・デュケンヌ

キャンプ場のトレーラーハウスで酒浸りの母と暮らす少女ロゼッタ。ある日、彼女は理由もなく職場をクビになってしまう。ロゼッタは厳しい社会の現実にぶつかりながらも必死で新しい仕事を探しつづけるのだが……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
淡々とロゼッタと言う不幸な女性をカメラが追うって感じの作品です。
アル中の母親とキャンプ場のトレーラーで暮らすロゼッタ。彼女は学は無いのだけど施しを受けたりするのを拒み、とにかく仕事をして正当な報酬を得ようとするの。
これは母に近づく男たちがお酒を持ち体を目当てに通うから…かも?そんな男たちに育てられたのかも知れないロゼッタだけど嫌悪感を感じてるのかなぁ。
試験雇用が終わり継続雇用にならなかったロゼッタは強く抗議するが認められる、また職探しの日々…そこで知り合ったのはワッフルを売る青年。彼は自分の店に欠員が出たことをロゼッタに教えてくれて職を得る。
彼女はキャンプ場の入り口から入らず、裏から金網を切って入る。そこで靴と長靴を履き替えトレーラーに戻る。寒いトレーラーの窓やドアに目張りする、持病の腹痛を抑えるためにドライヤーでお腹を温める、濁った池で魚を獲り食べる。
母親は金銭価格も麻痺するくらいアルコールに浸り酒を持ってくる男に体を許す。
しかし、意を決したロゼッタは母親を施設に入れようとするが母はロゼッタを池に投げ込み逃走…虚無感を感じた彼女は青年を訪ねる。彼の暮らしもぎりぎりだけどロゼッタよりはマシ、二人で過ごしたこの瞬間だけロゼッタは少し微笑む…
良い方向に向かいそうな時に彼女は仕事を失うことに…それに情けをかける彼…でも、ロゼッタは彼がおぼれてるのを助けるのに躊躇し更に彼の不正を社長に申告しやっと自分の仕事を得るんだけど、泥酔した母親をトレーラーに入れ寝かしつけその足で仕事を辞めると電話で告げる・・・
他人と接することがひたすら苦手なロゼッタ、人間らしく生きようとするのだけどそれに縛られてしまってて感情を失くしてる感じですね。

でも、ラスト、とっても強かったロゼッタが泣き崩れそれに手を貸す青年…少し変化するかも?と思いつつ終わる。音楽のないクレジット…なんだか切なくなります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード