ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

  • 2011/07/26(火) 22:16:10

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
(2011/07/13)
サントラ

商品詳細を見る

ジャンル: ファンタジー
製作年: 2011年
初公開年月: 2011/07/15
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 130分
監督: デヴィッド・イェーツ
原作: J・K・ローリング
出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン

ヴォルデモートを倒すため、彼の魂を7つに分けて収めた“分霊箱”を破壊しようとするハリーとロン、ハーマイオニー。4個目の分霊箱“ヘルガ・ハッフルパフのカップ”を壊したハリーたちは、秘密の通路を通ってホグワーツ魔法学校に戻る。しかしホグワーツは昔と違い、校長となったスネイプに支配されていた。ハリーがスネイプに反旗を翻した時、不死鳥の騎士団のメンバーたちが再び立ち上がった。そして、不死鳥の騎
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 - goo 映画


これが最後。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


2011.07.26  ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2


終りました…なんかやっと終わった~って思ったけどエンドクレジットが流れると寂しい気にもなっちゃった。

続編ありきでスタートしたこのシリーズは1作目で全く興味を持てなかった、見るつもりも無かったけど何故か頂いた招待券。根が映画好きなものですから…つい行っちゃったのがお付き合いの始まりでした。やっぱり子供向きのファンタジーだな?って思いつつも2作目が来たら行っちゃう(笑)まぁ2作目でハマっちゃって後は全て見てますけどね。
前回まで原作を読みたい!って気になったことも無く?コンパクトに纏められた映画作品で十分に満足してたのですが…このラストだけど読みたいって思いましたね。もっと色んなストーリーがもっと深い物語として描かるのであろうと予想がつきます。

スネイプの不器用で一途な愛、このスネイプって何となく憎まれ役、しかも校長先生まで殺してるんだし…なのに何か訳があるのでは?ってずっと思ってました。ハリーに対する態度も憎しみだけでなく愛も感じてたし何なく助けてる…そんな気がしてたんですよね。でも、考えてみれば最初の作品を描いた監督はラストを知らない状態なのだから、よく原作を理解して描いてたって事でしょうか?それって凄くないです?

スネイプの視点でスピンオフとか見たいかも?だって作中ではダンブルドアとの会話だけを聞いてるとスネイプの方がハリーを愛してるきがしたもの~
でも、校長の役目は生きてたら出来なかった?と思うシーンもあり、もっと深い話が見え隠れしちゃってますね。

とにかくほぼ、戦いのシーンで更正されてますが、謎がすべて解明されて、それぞれの母の強さを知り、か弱い子供の成長、そして大人たちの思いを知る。
数年後を描くのは賛否両論あるだろうけど、愛が続いてく様子を描きたかったのかしらね?

一番強い魔法は色々な形の愛って事でしょうか?

とにかく10年ありがとう~

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

こんにちは~
私もやっとハリポタ観ました!
スネイプ先生のスピンオフ!!!みたい!!!
そして私も原作読みたくなりました。
原作だともっと泣けるらしいですよ。。
ダンブルドア関係の話も読みたいなって思うし。
しかし確かに母の愛は一番強し!って映画でしたね。
私はロンの母の強さに参りました(笑)

  • 投稿者: pako22
  • 2011/08/15(月) 00:46:07
  • [編集]

Re: No title

pako22 さまへ

コメントありがとうございます
> スネイプ先生のスピンオフ!!!みたい!!!
でしょ!みたいですよね~
原作も本当にこの章だけは読みたいって思った。

女も強いと思うけど?母になるとまた違います。
本当に母性って素晴らしい~

  • 投稿者: 夢眠
  • 2011/08/16(火) 21:48:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する