2011_07
19
(Tue)22:20

白いリボン

白いリボン [DVD]白いリボン [DVD]
(2011/06/25)
クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2009年
初公開年月: 2010/12/04
製作国: オーストリア=フランス=イタリア=ドイツ
配給: ツイン
上映時間: 144分
監督: ミヒャエル・ハネケ
出演:クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー

小さな村で不可解な事件が次々に発生。村中が不穏な空気に包まれる中、村人の心の闇が次第に浮き彫りになっていく。※一般告知解禁日:4月28日

美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
久々に鑑賞するハネケ監督の作品、2009年にパルムドームを受賞してるこの作品は全編がモノクロで映し出されます。とにかく登場人物が多くって、大人はまだ覚えられるんだけど、子供は誰の子?だったけ…ってなっちゃいますね。
ただここに出てくるお子様たちの無表情さ、子供らしいとの表現が一切ない演出、攻撃的な目を持つもの淡々と何かを考える表情、そして父親におびえた目をむける子供…

小さな村は閉鎖的である…そして立場がはっきり分かれてる。支配してるのは男爵と牧師。
この村で起こった事をその時に教師として派遣されてた村にとっては第三者の男が語る重苦しい事件。それは犯人探しのサスペンスでは無く、支配や暴力、欺瞞などのはざまで弱者である子供たちが虐げられる、抑圧される。過剰なしつけ、性的虐待、暴力…出口のない状況で何かが芽生えてしまった子供たち…。

男爵の言葉一つで状況が変わってしまう支配され封建的な小さな村、それでも何となく平穏を保ってるのだけど、ある日、ドクターが自宅前で落馬、骨折で入院するが意図的な罠が見つかる。
納屋の床が抜けて小作人の妻が死に、男爵の息子は暴力を受け…と次々と事件が起こる。
それでも何事も無かったかのように日常を送る村人に違和感を覚えつつも彼らの家族のかかわりが描かれる…そして助産婦の障害を持つ息子が暴力を受け、失明してしまい、さすがに町から警察を呼ぶ男爵。その事件を夢で見た少女、障害を持つ男の子はからかいの対象だったのに途端に心配する子供たち、そして語り部である教師が気が付いたことは…

肯定されませんが犯人は解ります…ただそこまでさせた原因も明らかです。
この監督、本当に人間の負の部分を描くのが上手いと言うか、いつもの事ながらモヤモヤとした不快感?を観終わってから感じるんですよね。

C.O.M.M.E.N.T

観ました

なんとなく犯人は分かるし原因も分かるんだけど、
障害を持った少年にあそこまで酷い事が出来るなんて、
その神経が恐ろしいですよね・・・
それにしても彼がどうなったかは謎のままですね。

この監督特有のモヤモヤした不快感が、どうも苦手(^^;

2011/07/20 (Wed) 16:53 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 観ました

YANさまへ

障害者のあつかいは…子供なら普通かも?って思いました。
自分と違う者を排除しようとするのが人間、大人は知識で補えるけど…
子供の素直さってある意味悪魔的です。

ただ彼やその母親はどうなったんでしょうね?

モヤモヤしたところ好きだけど何となく不快感が残るのよね~

2011/07/25 (Mon) 20:53 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは

ハネケ作品って、みるのに覚悟がいりますよね
そして観た後も、モヤモヤ不快感が残る
でもどうしても気になってみてしまうのが、不思議といえば不思議
不快感は残るのですが、嫌いではないというところが
ポイントなのかもしれませんね

この作品も、淡々とした中に渦巻く悪意がどんよりと重くのしかかってくるようで、見た後すっきりとはなりませんでした
誰(ら)が、の部分はなんとなくはわかりますが、
口にはしたくない恐ろしいことですよね
白いリボンだけが美しくみえて、気分は灰色でした
でも作品としてはたいへん完成度が高くて驚きました

2011/07/28 (Thu) 14:01 | maki #jQTfdwCM | URL | 編集 | 返信

Re: こんにちは

makiさまへ

ご訪問、コメントありがとうございます。
ハネケの作品は体調に左右されます。
基本?ベストな時に見るようにはしてますが…
でも、嫌いじゃ無い!と本当に不思議な監督さんです。

閉鎖された空間、そこで芽生える狂喜は素直な者たちに託される…
考えてみれば切なく苦しい…そんな感じです。
モノクロの作品でも違和感が無く美しさや完成度は秀逸でした。

2011/07/30 (Sat) 21:06 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック