07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!
 白いリボン
白いリボン [DVD]白いリボン [DVD]
(2011/06/25)
クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2009年
初公開年月: 2010/12/04
製作国: オーストリア=フランス=イタリア=ドイツ
配給: ツイン
上映時間: 144分
監督: ミヒャエル・ハネケ
出演:クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー

小さな村で不可解な事件が次々に発生。村中が不穏な空気に包まれる中、村人の心の闇が次第に浮き彫りになっていく。※一般告知解禁日:4月28日

美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 *  分類 : レンタル
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 4  *  記事編集  *  2011年07月19日(Tue) 22時20分
観ました
なんとなく犯人は分かるし原因も分かるんだけど、
障害を持った少年にあそこまで酷い事が出来るなんて、
その神経が恐ろしいですよね・・・
それにしても彼がどうなったかは謎のままですね。

この監督特有のモヤモヤした不快感が、どうも苦手(^^;
2011年07月20日(Wed) 16時53分       編集
Re: 観ました
YANさまへ

障害者のあつかいは…子供なら普通かも?って思いました。
自分と違う者を排除しようとするのが人間、大人は知識で補えるけど…
子供の素直さってある意味悪魔的です。

ただ彼やその母親はどうなったんでしょうね?

モヤモヤしたところ好きだけど何となく不快感が残るのよね~
2011年07月25日(Mon) 20時53分       編集
こんにちは
ハネケ作品って、みるのに覚悟がいりますよね
そして観た後も、モヤモヤ不快感が残る
でもどうしても気になってみてしまうのが、不思議といえば不思議
不快感は残るのですが、嫌いではないというところが
ポイントなのかもしれませんね

この作品も、淡々とした中に渦巻く悪意がどんよりと重くのしかかってくるようで、見た後すっきりとはなりませんでした
誰(ら)が、の部分はなんとなくはわかりますが、
口にはしたくない恐ろしいことですよね
白いリボンだけが美しくみえて、気分は灰色でした
でも作品としてはたいへん完成度が高くて驚きました
2011年07月28日(Thu) 14時01分       編集
Re: こんにちは
makiさまへ

ご訪問、コメントありがとうございます。
ハネケの作品は体調に左右されます。
基本?ベストな時に見るようにはしてますが…
でも、嫌いじゃ無い!と本当に不思議な監督さんです。

閉鎖された空間、そこで芽生える狂喜は素直な者たちに託される…
考えてみれば切なく苦しい…そんな感じです。
モノクロの作品でも違和感が無く美しさや完成度は秀逸でした。
2011年07月30日(Sat) 21時06分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード