不思議惑星キン・ザ・ザ

不思議惑星キン・ザ・ザ [DVD]不思議惑星キン・ザ・ザ [DVD]
(2006/01/25)
スタニスラフ・リュブシン、レヴァン・ガブリアゼ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ファンタジー
製作年: 1986年
初公開年月: 1991/01/
製作国: ソビエト
配給: パンドラ
上映時間: 135分
監督: ゲオルギー・ダネリア
出演:スタニスラフ・リュブシン、エヴァゲーニー・レオノフ、ユ-リー・ヤコヴレフ、スタニスラフ・リュブシン

街中で裸足の男が怪しげなことを口走っている。自分は空間転移装置の事故で異星から飛ばされてきた者だと言うのだ。偶然、この男に話しかけたウラジミールとゲデバンは、同じく男が手にしていた転移装置で、キン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクに飛ばされてしまう。果たして、二人は、この砂漠だけの惑星から無事に地球へ帰りつくことができるのか?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
これは癖になる楽しさですが、見え隠れするのはソ連を風刺した内容。民族問題や資本主義者への皮肉など惑星と言う規模で国を描いてるのですが、美しく麗しい人々が暮らすアルファ星は他者を排除し、出来なければ植物に変えちゃう、行いは神の如く…どの国を皮肉ってるんでしょうか(-_-;)なんとも直球な感じ良いですね。

技師のおじさんとバイオリン弾きの青年が町で見かけた自分は宇宙人と言う素足の男性に声をかけた事で瞬間的に別の星へ飛ばされる。そこは砂漠の惑星、暮らす人々は言語を語らずテレパシーで会話、ただ掛け声だけはク~と発する(笑)それじゃ物語が進まないので異星人は彼らの言語を理解してくれますけどね。最初に出会ったのは芸人らしい?二人。彼らは下層の地位にある人種らしい…そこは二分された人間関係が形成され、偉そうな人種とそれに従う人種…色んなルールもあり、前半はとにかくありえない~設定でまったりと進むんだけど、徐々に不可思議な友情が生まれラストに向けて収束します。

長い作品でまったりした前半を乗り切ったら(笑)ク~にちょっと魅かれちゃいます。
全てがかなりチープなんですが、それがなんか心地よい、釣鐘のような乗り物も良い感じです。DVDのメニューもなかなか粋だなぁ~ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード