2011_07
08
(Fri)00:02

赤ずきん

赤ずきん (原題: RED RIDING HOOD) [DVD]赤ずきん (原題: RED RIDING HOOD) [DVD]
()
アマンダ・セイフライド、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2011年
初公開年月: 2011/06/10
製作国: アメリカ=カナダ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間 :100分
監督: キャサリン・ハードウィック
出演: アマンダ・サイフリッド ゲイリー・オールドマン ビリー・バーク シャイロー・フェルナンデス マックス・アイアンズ

暗い森に囲まれた小さな村で生まれ育ったヴァレリーは、幼なじみで貧しい木こりのピーターと愛し合っていたが、金持ちの息子ヘンリーとの婚約を母親に強いられ、駆け落ちを決意するが、そんな矢先、姉が狼に惨殺されてしまう。狼の襲撃をかわすため長年にわたって満月に生け贄を捧げてきた村に衝撃が走る。さらに、人狼ハンターとして名高いソロモン神父が現れ、犯人は昼間は村人の姿をした人狼だと告げるのだった。

赤ずきん - goo 映画


恋をした、
大人になった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


2011.07.07  赤ずきん

赤ずきんちゃんが大人になった訳でなく、赤ずきんちゃんをモチーフにした作品です。「おばあちゃん、なんて大きな目なの・・・」のセリフはこしょばい気がしました。オオカミに石を詰めるシーンも大きな理由が用意されてましたね(-_-;)

ヴァレリーの子供の時からのシーンから始まります。子供ならではの無邪気さだけでなく、違った面も表現したかったのでしょう…きっと?

子供の時代から遊んでた幼馴染、大きくなって当然のように幼馴染と恋をする。だけど家族はヴァレリーに少しでも贅沢な暮らしをと思い鍛冶職人の息子へ嫁がせようと勝手に婚約させる。
決して裕福では無い小さな村、格差なんて無さそうだけどキコリよりは鍛冶屋の方が裕福らしいです。
二人はなんとな思いを遂げたいと考えてるけど、そんな時に事件は起こる。いけにえを提供しバランスを保ってると思ってた森のオオカミが裏切り人間を襲った…殺されたのはヴァレリーの姉、悲しみに暮れる家族、そして姉の死により知る事実。村人の男たちは復讐に出て犠牲者を出すもオオカミを仕留めることに成功し歓喜する。
しかしそれは普通のオオカミだと知らしめるのは村の牧師が招いたソロモン神父。彼には悲しい過去がありオオカミ、実は人狼をとにかく憎んでた。まぁ憎しみで周りが見えなくってましたが…最初は神父の言葉を信じなかった村人は祝いの宴を開くがそこへ人狼が…逃げ惑う中、ヴァレリーはオオカミの言葉を理解してしまうの…その訳は…
会話や伏線を消化しつつ、おとぎ話を思い出すストーリー、そして村人に紛れ込んでる人狼は誰か?ってサスペンス要素もあり尺も短くコンパクトにうまくまとめられてたと思います。

深い森の中の村はとにかく美しかった~村の雰囲気や衣装がとっても素敵です。

そしてヴァレリーを演じるアマンダが綺麗♪大きな目がとっても印象的です。そんな彼女に嫉妬する友人の気持ちちょっとだけ解る気がします。

まぁどっちでも良いか~なんて思ってましたが、見て正解です。明日までなんですが意外と動員数も多くってちょっとびっくりしました。

C.O.M.M.E.N.T

楽しめました

人狼は誰か?まさかの人物で驚きました。
犯人にしてはちょっと地味過ぎるけど。(^^;
小さい時、ウサギを殺したのはDNAが関係してたのね~

ヴァレリーに嫉妬する友人いたね~
捕えられて辛い彼女にわざわざ嫌味な事を言いに来てた。(- -;)
他の友人はかばってくれてたけどね。

映像がお伽話風で、とっても美しかったです!

2011/10/28 (Fri) 18:05 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 楽しめました

YANさまへ

世界観がとっても素敵でした。
友人はかなり人間的だった気がします。
人と獣…どっちもどっちなのか?

2011/11/01 (Tue) 20:46 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

赤ずきん

グリム童話で有名な「赤ずきん」が成長した後を描いたファンタジー作品だ。主人公の“赤ずきん”を『クロエ』、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが、その彼女を奪い合う2人の青年をシャイロー・フェルナンデスとマックス・アイアンズという若手俳優が...

2011.07.08 (Fri) 00:28 | LOVE Cinemas 調布