2011_07
04
(Mon)22:35

プリズン211

プリズン211 [DVD]プリズン211 [DVD]
(2010/07/07)
ルイス・トサル、アルベルト・アンマン 他

商品詳細を見る

ジャンル: サスペンス
製作年: 2009年
公開情報: 劇場未公開
製作国: スペイン
上映時間: 110分
監督: ダニエル・モンソン
原作: フランシスコ・ペレス・ガンドゥル
出演:ルイス・トサル、アルベルト・アンマン、マルタ・エトゥラ、アントニオ・レシネス、マヌエル・モロン、ルイス・サエラ、ビセンテ・ロメロ、フェルナンド・ソト、、マニエル・モロン

刑務所の新任職員・フアンは、突如勃発した囚人たちの暴動に巻き込まれてしまう。咄嗟の判断で囚人を装った彼は、凶悪犯に囲まれながら脱出の機会を狙うが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
またハリウッド作品とは違った展開にラスト、これが現実なのかも?!
勤勉な性格なのか赴任前日に挨拶に来た職場である刑務所、気分が悪くなり倒れこむファンを休ませたのは空いてる牢屋?その間に囚人たちが起こした暴動!気が付き何となく状況を把握して囚人の振りをするけど誰も彼を知らな囚人たちは疑うのだけど巧みに信用させることに成功する。
機転で警察との接点を残し頭の良さを買われ首謀者に気に入られつつも、まだ彼を疑う者もいてる状況で、ハラハラします。そしてファンの心配はただ身重の妻…何となく警察側に知らせ、そして保護しようと動いてくれるが、ある意味状況は明らかにできないので半端な連絡に不安になる妻の行動は…浅はかって思うんで紆余ね。でも?本当に好きな相手にはそういう行動って普通なのか?よく解りません…同じ女だけど?旦那は看守で警察官でしょ…無鉄砲な行動をせず待つのでは?って思うのは日本人だからなんでしょうか?彼女の行動と結果はファンを刺激しちゃった。しかも自分が寝かされてた牢屋での非人道的な行いを知り彼は囚人側として立ち上がる。ファンと妻の結果は切ないです…
でも、現実ってそうなのかも・・・ね。
羅生門   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック