2011_06
30
(Thu)23:26

アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラックアンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック
(2011/06/22)
サントラ

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2011年
初公開年月: 2011/06/25
製作国: 日本
配給: 東宝
上映時間: 125分
監督: 西谷弘
出演 織田裕二 黒木メイサ 伊藤英明 戸田恵梨香 谷原章介


スペイン北部に位置する小国・アンドラのホテルにて日本人投資家・川島が殺害される。実は川島は日本の警視総監の息子という事で、外交官・黒田康作は調査に飛んだ。事件の捜査は、警視庁からインターポールに出向している捜査官・神足誠が担当していた。黒田は事件の第一発見者のビクトル銀行行員・新藤結花をスペイン・バルセロナの領事館に保護しようとするが、何者かに襲われる。事件の裏には巨額な不正資金が絡んでいた…。
アンダルシア 女神の報復 - goo 映画


守るべきものは、誇りか、愛か

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2011.06.30  アンダルシア 女神の報復


映画館のポイントが溜まってたので無料鑑賞してきました。
タイミングが合えば見入る予定だったけど…普通に面白かったです。
豪華な俳優陣でしたが、誰かの独断場って感じでも無かったのが良かったかな?
主役を張れる人が脇やチョイ役で出てるのって楽しい。どこまで我を張らずに演技できるかって言うのは力量も必要だろうと思う。まぁ主役を演じるのが織田さんなんで…これ以上に我を出すのって逆に大変かも?!

フランスでのサミットに付いて行ってる外交官の黒田は相変わらずの?キレで大臣とアメリカの要人を偶然?出会わすことに成功。そんな時に邦人が殺された連絡が入りしかも被害者は警視総監の息子?大使館のない国に調査に向かう黒田。目撃者と言うか犯人?的な女が第一発見者として警視庁からインターポールに出向に出されたか神足が事情聴取してるが、どうも強盗目的だと処理され黒田もいったん納得して帰ろうとするが雪崩で足止め、そしてある事に気が付く…
発見者の女にもう一度話を聞きたくって向かうが、見張ってるインターポール、出かけようとしてた女の元へ訪れる男、その男から逃げ出す女を保護する黒田は国境を越え領事館で保護、それを追うインターポール。それぞれの事情が絡みそれぞれも目的が絡み真相へと向かう。
それなりに張られてる伏線も適度に消化して完結に向かいます。
何らかの真実を知る女の正体とか…びっくりするほどでは無いけどそっか~とは思った。
黒田は黒幕の名前を聞いた瞬間、何となく感じてたのかもね~

それにしても織田さんってラブシーンって苦手ですよね?
もう一つ、エンドクレジットが短かったと思うんですけど…

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

アンダルシア 女神の報復

『アマルフィ 女神の報酬』そしてテレビドラマと続く外交官・黒田康作シリーズ。外務省邦人テロ対策室に所属する黒田が、スペインを部隊に日本人投資家殺人事件の謎に迫るサスペンスミステリーだ。主演は同じく織田裕二、共演に『海猿』シリーズの伊藤英明、『SPACE BATTL...

2011.07.01 (Fri) 03:13 | LOVE Cinemas 調布