2011_06
27
(Mon)23:20

ネスト

ネスト [DVD]ネスト [DVD]
(2011/05/03)
ケビン・コスナー、イバナ・バケロ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ホラー
製作年: 2009年
初公開年月: 2011/01/22
製作国: アメリカ
配給 :プレシディオ
上映時間: 108分
監督: ルイス・ベルデホ
原作: ジョン・コナリー
出演:ケビン・コスナー、イバナ・バケロ、ノア・テイラー、サマンサ・マシス、ガトリン・グリフィス、ジェームズ・ギャモン、サンドラ・エリス・ラファーティ、マーガレット・アン・フローレンス

妻と離婚した小説家のジョンは、思春期の娘ルイーサと7歳になる息子サムを連れ、自然に囲まれた古い一軒家へと引っ越す。周囲を散策していたルイーサは小高い丘を見つけ興味を惹かれる。以来、ルイーサは夜になると家を抜け出し、泥だらけになって帰ってくるようになる。娘の異常行動を心配し独自に調査を始めたジョンだったが…。


それは“奴ら”の巣窟(ネスト)だった…。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
何故?借りようと思ったのか?借りても在庫で眠らしてるのが多々なのに何故?直ぐに見ようと思ったのか謎(笑)とってもオーソドックスなホラーでした。
タイトルは巣だし、引っ越した家の傍には塚みたいなのがあるし…弟の転向後初の授業は蟻の巣だし…丁寧に説明まであるので、恐怖の相手は蟻さんに準じてるんだなぁ~と早い段階で解ります。
妻と離婚し子供を連れて引っ越した先は町から離れ自然豊かな場所。離婚の原因は妻の浮気でさすがのアメリカ子供たちも特に姉は理解してるけど認めてない、まぁ当然ですね。かと言って父にも反発するお年頃、弟の方は自分のせいで母が離れたと?ありがちな誤解をしてて…とありがちな展開。新しい学校に行くのに緊張してる弟の方は上手く行って特に何も思ってなかったお姉ちゃんの方が苛められちゃって…孤独感を感じることに。
そしてお姉ちゃんの異変、飼い猫の失踪と小さな不可思議が起こり謎となり展開。
お姉ちゃんが泥だらけでシャワーを浴びるシーンは初潮かと思ったけどレイプだったのかも…しかも人間外に。きっと抵抗したはずなのに孤独感?疎外感から洗脳されたようになる姉。でも、普通に戻るときもあるし…でも、姉の行動に弟は何かを感じおびえ父親は原因を調べ始め先住者にあったり、近所の塚を調べたり、そしてたどり着く謎。
塚の調査に来た学者は何かヒントでも?と思ったけど解説だけで終わりましたね~なんだったんだろうね(笑)
ラストはなんだか懐かしい終わり方だったなぁ?!

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは!

本当にオーソドックスで、終わり方も懐かしかったです(^^;
ホッとしたところで、ウワッと来てバッドエンドって言う。
あの弟は素直で可愛かっただけに可哀想。

ケヴィン・コスナーとイバナ・バケロちゃんが出ているんだから、
もっと意表を突くような作品にしてほしかったよね。。。
B級感に溢れていました。(≧ε≦)

2011/08/24 (Wed) 17:28 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: こんにちは!

YANさまへ

出演者で期待しちゃうのよね…
悪くは無いけど?もっと奇を照らしてほしかったって欲はでちゃうね。

ホラーのお手本のような作品で伏線の使い方もお手本通りで
ラストに至るまで…ちょっと物足りないよね~

2011/08/24 (Wed) 23:29 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ネスト/NEST

アイルランドの作家ジョン・コナリーの同名短編小説を映画化。田舎の一軒家に引っ越してきた父と子供たちを謎の生物の恐怖が襲う。主演はこのところすっかりご無沙汰のケヴィン・コスナー。共演で謎の生物の標的となる娘を『パンズ・ラビリンス』イバナ・バケロが好演して...

2011.06.28 (Tue) 00:09 | LOVE Cinemas 調布