わたし出すわ

わたし出すわ [DVD]わたし出すわ [DVD]
(2011/06/08)
小雪、黒谷友香 他

商品詳細を見る

製作年: 2009年
初公開年月: 2009/10/31
製作国: 日本
配給: アスミック・エース エンタテインメント
上映時間: 110分
監督: 森田芳光
出演:小雪、黒谷友香、井坂俊哉、山中崇、小澤征悦、小池栄子、仲村トオル、小山田サユリ、ピエール瀧、北川景子


東京から生まれ故郷に戻ってきた山吹摩耶は、久々に高校時代の同級生たちと再会する。世界の路面電車巡りに憧れる市電の運転士、練習中にケガをしたマラソンランナー、箱庭協会の会長になりたい男の妻、養魚試験場で働く研究員――彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次々に「わたし、出すわ」と大金を差し出す。どのように稼いだお金なのか、友人たちは勘ぐりながらもその大金を受け取ってしまう。
わたし出すわ - goo 映画



独りじゃないから きっと

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


東京から久々に故郷に帰ってきたマヤ、久々に同級生に出会い。話があるからと仕事が終わるまで同級生が運転するローカル電車に乗り続ける。彼から他の友人にも連絡を取って欲しいと頼むマヤ、でも、それぞれに用事があって集まらない。
マヤはまず電車の運転士になった彼の昔の夢の話をする。それは世界の路面電車めぐり、マヤは言うそのお金出してあげようか?そして翌日、宅配便で届く大金。疑う妻はマヤに出会うが悪気も打算も無いことに安心しもらっちゃうの?まぁこの辺りは不思議なんですが…でも、この夫婦の運命は明らかにこのお金で変わる。
マヤをライバル視する友人は玉の輿でお金に不自由のない生活、だけど夫が不正を働きさらに急死する。無一文でホステスに戻る彼女はマヤのお金の出所に疑問視、後を付真実を知り、そしてマヤは全財産を渡すことに…でも、マヤは少し躊躇してました。そして新たな目的まで提示してる。でも、その友人は依存する事に執着し不幸な結果に…
研究費は欲してるけど個人的にはお金に価値を見いだせない男、とんでもない研究をしてて各国が狙うけどお気楽で?でも、だからこそあっさり手を引けるのかもね?!
愛犬が亡くなり悲しむ同級生が希望したのは冷蔵庫…それを知った夫は自分の趣味に投資して欲しいとねだり、妻はそれをマヤに伝える。この同級生は身の丈を知ってる、夫の野心も趣味も受け入れ、欲張らず淡々としてるの。それに隠された秘密もびっくり!ちょっと出来過ぎ?手術代を出してもらったランナーの同級生、その母に甘えるマヤの悲しい家族。
マヤは明らかに目的がありお金に執着してる、広すぎる病室、頭に付けられた機械、それでも余るお金が出来た時、高校時代に友人がかけた言葉に対して投資するのかな?!だけど投資にはリスクもつきもの?お金を渡されただけでは幸せは来ませんね。逆にお金が無くても幸せって見つけられるのかも?ただお金がすべてはダメよ!って作品でも無く最後の奇跡はやっぱりお金の力だろうと思います。

不幸にも起こってしまった殺人事件、犯人はあの偽物?だけど金づるを消すか?って思うと実はその偽物に騙された?あるいはお金が切れて捨てられた女では?お金が切れて捨てられた女は同級生の妻?きっかけを作ったマヤを最初に襲った?って勝手な妄想をイメージしてしまった。
狭いそうな町なので噂はすぐに広まりそうですね。マヤにもらったお金であれだけ買い物しまくればホスト?詐欺師?にはターゲットにされちゃうよね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わたし出すわ

織田裕二版『椿三十郎』の森田芳光監督が1996年公開の『(ハル)』以来13年ぶりのオリジナル脚本で送るヒューマンドラマ。登場人物のお金に対する価値観や使い方を通して人間の生き方を問いかける問題作だ。主演は『ラスト・ブラッド』、『カムイ外伝』の小雪。共演...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード