2011_06
06
(Mon)20:59

リミット

[リミット] コレクターズ・エディション [Blu-ray][リミット] コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2011/04/15)
ライアン・レイノルズ

商品詳細を見る

ジャンル: サスペンス
製作年: 2009年
初公開年月: 2010/11/06
製作国: スペイン
配給: ギャガ
上映時間: 94分
監督: ロドリゴ・コルテス
出演:ライアン・レイノルズ、スティーヴン・トボロウスキー、サマンサ・マシス

.棺桶の中という極限の閉鎖空間を舞台に、一人の男の必死の脱出劇をスリリングに描き出した緊迫のサスペンス・スリラー。主演は「あなたは私の婿になる」のライアン・レイノルズ。監督はこれがデビュー2作目となるスペインの新鋭、ロドリゴ・コルテス。イラクで働くアメリカ人トラック運転手のポール・コンロイは、突然何者かの襲撃に遭う。意識を失った彼がつぎに目を覚ました場所は、地中に埋められた棺型の狭い箱の中だった。手元には、自分のものではない携帯電話と1個のライター。自分がどこにいるかも分からず、さらには刻一刻と酸素がなくなっていくという極限状況の中、電池切れ間近の携帯電話で懸命に救助を求めようとするポールだったが…。


目覚めたら土の中

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
凄い低予算だったろうと思われます。何せ?出演者はたったの一人!後は声だけの出演です。
気が付いたら狭くって真っ黒でここどこ?って条項です。手に出来る範囲にあるのはジッポーのライターと携帯電話…でも、自らのものではない?!
この狭さ、周りの木枠はどうも棺桶?しかも埋葬されてる?!
彼は慌てるも必要と思われる場所に電話、財布の中は抜き取られてるんで控えてる電話番号はわ解らず本当に記憶してる番号をかったぱしからダイヤルする。よく覚えてるなぁ~が素直な感想ですが自宅、妻の携帯電話、すべてが留守電です。
拉致された場所はイラン、どうも彼は拉致されたようす。会社に連絡しても契約は切れてると言われ、政府は各部署にたらい回し、最終で引き受けた部署の人間も頼りない!それでもわずかな命綱、彼は怒りを訴えつつ何とかして欲しいと希望する!まぁ当然なんですが…でも、政府の対応も当然かなぁ?とも思いつつ、雇用主は最悪です。アメリカならではかも知れませんが完璧に保身に回ってます。

真っ暗なはずの棺桶なんですが、真っ暗だとさすがに映画には不向き?なんやかんやと理由をつけてささやかな明かりが存在し、それが頼りだったりします。そして直ぐには死なないようにアイテムが用意されてるんです。

でも、刻一刻と無くなる形態電話の電池…
悲劇に会った怒り悲しみ、死を思った時に連絡したい、声を聴きたい相手、最終的には諦めですが、小さな希望を与え奪うのは彼を拉致した犯人では無く実は自国の政府機関だった?
なんだか切ないというか酷いですね(-_-;)

ラストも救いようがない…間違って?あるいはアメリカ人だと言うだけでテロの対象で、対象になってしまう歴史もあって…どちらにも不幸しか無いのにそれに気が付かなくって更に不幸になる…なんだか悲しいですね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック