2011_06
01
(Wed)22:31

壬生義士伝

壬生義士伝 [Blu-ray]壬生義士伝 [Blu-ray]
(2011/04/27)
中井貴一、佐藤浩市 他

moominnonitij-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る

ジャンル :時代劇
製作年 :2002年
初公開年月 :2003/01/18
製作国 :日本
配給 :松竹
上映時間 :137分
監督: 滝田洋二郎
原作: 浅田次郎
出演:中井貴一、三宅裕司、夏川結衣、中谷美紀、村田雄浩、佐藤浩市、塩見三省、堺雅人、野村祐人、斎藤歩、夏川結依

幕末の京都・壬生。尊皇攘夷の名の下にこの地で結成された新撰組は、表向きこそ勢いを見せるが、力を増す倒幕勢力の前に浮き足立ち士気は低下の一方だった。そんなある日、一人の剣士が入隊してきた。盛岡の南部藩出身のその男、吉村貫一郎はみすぼらしい身なりに似合わず、これまでに何人もの人を斬り捨ててきた猛者だった。しかし、大儀のためには己の命をも顧みない隊士たちの中にあって、恥ずかしげもなく命に固執し、さらには何かにつけてお金に執着する貫一郎の姿は異彩を放っていた。そんな貫一郎に、近藤勇も一目置く斎藤一は嫌悪を感じるのだったが…。

まっすぐに泣ける生き方がある

守銭奴と呼ばれても、貫きたい志があった。
身は修羅と化しても、守りたい愛があった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
これは…とっても感動しました。でも、すごく日本人的なのかも知れません。
興味のある人は凄く詳しいだろうと思う新撰組、漫画や本に接してたら新撰組の誰かのファンって方もたくさんいてると思います。実際に漫画でハマった夢眠は地味な活躍、そしてスパイ疑惑のあった斉藤君(笑)この作品では主人公である吉村君を何かと敵対しつつ、本当の義士を見出すことになる男の役割です。

あの時代から数年?時は現代に繋がるだろう時代、ある男が熱を出した孫を連れ医師を訪ねる…引っ越しの準備をする医師夫婦は快く診察してくれるがそこに飾られてる写真を見て問いかける男、妻が孫を見て夫はその男に淡々とその人物を語る、そして男は若かりし頃、全く自分とは違い、それを憎みそして認めたある男を思い出すことに…


もう良いやん~って思うくらいつらいシーンがラストに待ってますが、それはそれは感動しました。吉村の表面だけが描かれる前半、実はそういう訳があるとわかる中盤、身分はたまたま上下が出来てしまったけどその男を思う友人、そして彼を信じる家族。
ただまっすぐ生き、家族を友人を大事にしたかった男が時代に翻弄されるも流されることなく彼は彼なりにまっすぐ生きる!一転の曇りも無く彼は彼なりにその時代を進む…
欲や打算が渦巻き、義士が何か?とある時代、彼はただまっすぐ生きるの。それは不器用であるけど切なくもあり素晴らしくも感じる。そんな思いを引き継ぐであろう今は大人になった子供たち…思いは延々に繋がる…

でも、この感覚って日本人的だと思う、それは良い面と何故?って思う面がある。ただ時代が近代化した時代に武士として義とは?と思ったときにこの作品にはなにかしらの答えがあるかも知れないと思いました。

C.O.M.M.E.N.T

NoTitle

あー、私もこの映画好きです!!
新撰組の普通の話かと思ってみたので、はじめ中井さんの思いっきりなまったセリフに?!でしたが、吉村のラストはただただ涙。。・゚・(ノД`)・゚・。
その後の三宅裕司演じる友達(名前失念)の変化も悲しかったです。。
そしておそらくその後満州で来るであろうことを想像すると最後まで悲しくて。
また観たくなりました。

2011/06/05 (Sun) 08:59 | pako22 #- | URL | 編集 | 返信

Re: NoTitle

pako22さまへ

上映中は全く興味を示さなかったんですが、大変感動をしました。
時代の流れでは必要だった事かも知れませんが、
ただ真っ直ぐな男には生き辛い時代だったのかも知れないですね。
満州に向かった娘夫婦も…やっぱり時代の流れに翻弄されてしまうかも?
と思うと確かに悲しく切ないです。

2011/06/06 (Mon) 21:58 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック