2011_05
09
(Mon)22:47

unknown/アンノウン

unknown/アンノウン [DVD]unknown/アンノウン [DVD]
(2007/07/04)
ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア 他

商品詳細を見る

ジャンル: サスペンス
製作年: 2006年
初公開年月: 2006/11/03
製作国: アメリカ
配給: ムービーアイ エンタテインメント
上映時間: 85分
監督: サイモン・ブランド
出演:ジム・カヴィーゼル、ジェームズ・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、ブリジット・モイナハン、ジョー・パントリアーノ、バリー・ペッパー、ジム・カヴィーゼル

閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。彼らは全員記憶を失っていた。やがて、わずかな手がかりから彼らのうちの2人が誘拐された人質で、残る3人が誘拐犯であることが明らかとなる。しかし依然として誰が人質で誰が誘拐犯かはわからないまま。誰もが混乱する中、突如鳴り響く電話のベル。それは誘拐犯のボスからで、日没までにはここへやって来るというものだった…。


俺が誰なら、生き抜ける

記憶を失った5人の男たち──
誰が誘拐犯で、誰が人質なのか?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
見てる間って意外と引き込まれなくって短い作品なのに時間が気になったんだけど、ラストを見ると再見しようなぁ?って思いました。
ほとんどが倉庫の中、5人の男は全員が記憶装置で敵か味方かわからないけど、とにかく脱出を試みようとする。悪い奴が戻ってくるまでに…
目覚めた状況ではどっちがどっちか?解らない、でも、争いがあり、保管してあったガスにより記憶が無くなってる。誘拐犯と誘拐された者だと掛かってきた電話と新聞の情報で得て、それぞれに断片的によみがえる記憶に自分はどっちだ?と模索する。
彼らに関わる事件は社長の誘拐、捜査する刑事と社長である夫を心配する妻。犯人との交渉そして追跡、たどり着くのは倉庫。

人間の本質は変わらないというところか?徐々に性格みたいなのが浮かび上がり、どっち側か?想像ができる。でも、主役の男性だけが謎?両面を感じる…ラストは二転三転、結果はある意味ハッピー?なのかも知れませんが、真の計画者にとっては残念でしょうね。それにしても一番怖いのはやっぱり女なんでしょうか?

もう少し5人に複雑な?繋がりがあれば深みというか面白みが出たかも?!
2048   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

見ましたね

>人間の本質は変わらない
そうそう物事の考え方とか振る舞いとか、
元々のものが出るんですよね。
それとどっち側か?って言うのは、
キャストでも想像できちゃいましたね。

設定は面白かったけど、それ以上のものが
特に無かったなあ・・(^^;

2011/05/10 (Tue) 13:12 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 見ましたね

YANさまへ

見ました~怖くなかった♪
ラストは二転三転しましたが、まぁ?あるかも?でした。
尺が短かったのでテンポよく見れました。
最初、ちょっと見分けつきにくかったけど(^_^;)

2011/05/17 (Tue) 22:29 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック