瞳の奥の秘密

瞳の奥の秘密 [DVD]瞳の奥の秘密 [DVD]
(2011/02/18)
リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 他

商品詳細を見る

ジャンル :ドラマ
製作年 :2009年
初公開年月 :2010/08/14
製作国 :スペイン=アルゼンチン
配給 :ロングライド
上映時間 :129分
監督: フアン・ホセ・カンパネラ
原作: エドゥアルド・サチェリ
出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル
、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ・ケベド、ギレルモ・フランセーヤ、ギレルモ・フランチェラ

25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と秘め続けた愛に向き合っていく姿を描く。刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、彼の人生で未だ忘れることの出来ないある殺人事件を小説にしようと決意する。そして、当時の彼の上司イレーネを訪ねる。2人が関わった事件が起きたのは、1974年のブエノスアイレス。銀行員の夫リカルドの最愛の妻が自宅で暴行殺害された事件。捜査は難航を極めたものの、ついに事件の核心へと迫るベンハミンだったが…。


ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
サスペンス?風なんだけどドラマなんです。
とっても濃厚な大人の恋愛?時代背景もあるみたいですが…どうも国内を含めて現代史は苦手で…現代だけじゃ無いけどね(*_*)
過去に起こった事件、自分の人生を変えてしまった事件、そして罰とは?

刑事裁判所?とは何をするのか?国独特の制度なのか?ベンハミンは裁判所で働く、捜査をする人?日本でいうと検事なのかなぁ?それ以上には突っ込んでると思われますが?
定年を迎えたベンハミルトンは過去の忘れられない事件を題材に本を書こうと思いいたつ。
相談を受けた元上司は、その事件は忘れたと言いながら彼にAがタイプできない壊れたタイプライダーを送る。そして過去にさかのぼる惨殺な事件。その少し前に出会った現女性上司への思い、同僚との友情、登場人物は極めて少なく、そしてそれぞれを掘り下げてます。
被害者は美しい新妻、その夫の切ないまでの愛、写真の現れる犯人の執着、無茶な捜査や飲んだくれの同僚で友人の違う視点、犯人を捕らえ、上司の機転で自白に追い込むが、それらを全く無視し政治的に釈放される犯人。無言の脅迫、思いを寄せる上司との明らかな違い、被害者の夫の執念と思い、そして同僚の友人が殺害され…
それらを書き続けるベンハミンはどうしても気になることがある。
それを確かめに彼は被害者の夫を訪ね書き綴ったものを読んでもらうが、夫はすでに過去の事と追い返そうとする…でも、彼は友人の死の真相と、夫の思いを確かめたかった…
夫の行為は恐ろしいです。まるで犯人と一緒に自殺をしてしまった人生。夫は未来に進むことを拒絶した。ハミルトンは未来を断ち切るために書いた、でも、夫の行為を確認し彼を25年も秘めた思いを果たそうとする。

元女性上司の思い、同僚の友人の最後の切ない決断、被害者の夫の切ない行為、過去を友人も愛する人へも決断しようと書き綴ったハミルトン、犯人の執着すら丁寧に描かれてました。
そして25年をすべて同じ役者が演じてたのが素晴らしい。被害者の新妻の悲惨な状況も多々でますが、悲惨とともに美しさを感じれてとても印象に残ります。

そしてタイプできなかった「A」の存在に感動しました。

コメントの投稿

非公開コメント

これは好きです

こんにちは!
主人公の職業名って最後まで出てこなかったよね。
それと犯人を政治的に釈放するとか、
日本とは事情が違う部分がありました。

それは置いといて、ドラマとして、
伏線や細かい演出が利いていて、すごく良かったよね~☆
夫の行為は信じられなくて衝撃でした。
犯人もろとも自分の生も断ったようでしたね。

25年の差がちょっと分かり辛かったけど、
ヘアスタイルと顔のシワで何とか見分けてました(^^;

Re: これは好きです

YANさまへ

いつもコメントありがとうございます。

なぜ?捜査してるのって感じでしたが
そういうシステムなんでしょうね?

同じ役者が現在と過去を演じてて今は?どっち?
ってちょっと思った。
いっぱいの伏線が消化されていくのは面白かったです。
死よりも孤独の方が辛いですよね。
いつまで続くか解らないし…でも、同じように夫も時を止めてしまって…
なんだか切なかったです。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード