2011_04
12
(Tue)22:35

ザ・ライト -エクソシストの真実-

ザ・ライト ─エクソシストの真実─ (小学館文庫)ザ・ライト ─エクソシストの真実─ (小学館文庫)
(2011/03/04)
マット・バグリオ

商品詳細を見る

ジャンル :ドラマ
製作年 :2011年
初公開年月 :2011/04/09
製作国 :アメリカ
配給 :ワーナー・ブラザース映画
上映時間 :114分
監督: ミカエル・ハフストローム
原作: マット・バグリオ
出演: アンソニー・ホプキンス コリン・オドナヒュー アリシー・ブラガ キアラン・ハインズ トビー・ジョーンズ ルトガー・ハウアー
マルタ・ガスティーニ マリア・グラツィア・クチノッタ アリアンナ・ヴェロネーシ クリス・マークエット トーレイ・デヴィート

信仰を見失ったアメリカの神学生マイケル。卒業を間近に控えたマイケルは、司祭になる道を捨てようとしていたが、恩師に引き止められてローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがてマイケルは、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父の悪魔祓いを手伝うことになる。16歳の少女の儀式に立ち会ったマイケルは、悪魔の存在を疑う。だが、マイケルを待ち受けていたのは、疑惑を完璧に打ち砕くような、数々の恐るべき出来事だった……。
ザ・ライト ~エクソシストの真実~ - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2011.04.12  ザ・ライト
久々の映画館観賞です♪
大震災の影響で封切が遅れたり、中止になったり…そして春休み?お約束のアニメやお子様向け作品がメインで、ずっと映画館まで足を運んでませんでした。家でのDVD観賞もぐっと減ってるけど…やっぱり映画は見たい~大好きです。
そして久々の観賞はずっと楽しみにしてた作品ではあるんですが、お一人様観賞でした…さり気に?怖いんだけど^^;前回のお一人様は「ウルフマン」でした。どうも怖い系?の作品に当たるようです(?_?)
まぁ前回のゴシック・ホラーに比べれば、ドラマと言うかサスペンスと言うか、それほど怖さを感じませんでしたが。

宗教観の違いもあるのだろうと思いますね。ラスト近くのホテルのシーンはちょっと怖かったりもしたけど…基本、怖がらそう!って意図が少なめの作品なので悪魔祓いのシーンとかも大丈夫でした。

いきなりの結論ですが、悪魔を信じるから神も信じると言う見解に至る若き聖職者?見習い?ようは神と悪魔は紙一重であると言う事なんでしょうね?若い見習いさんが無神論者と言うか信じれない~人なんですが、その訳が意外と丁重に描かれてるのが良いですね。信じれないと言いながら、町から父から離れたいと言う思いでも別の道じゃ無く神学を選ぶのはやっぱり導かれてる気がします。そして父の仕事を手伝ってた時の因縁?その時点で目を付けられてたのか?

悪魔は神が与えた命の火は消せないんじゃ無いかと思いました。人間を死に追い詰めるのは活性化?させることなのでは?と…安らぎや幸福感よりも怒りや不安の方がエネルギーを使います。血液や内蔵が過剰に動けば死を早めるのが悪魔のやり方?

父の仕事を丁寧に施すマイケル、でも仕事への疑問と父への反発で神学校へ…でも、聖職者になるつもりは全く無く、その旨を恩師に伝えるが事故が起きてしまう…それでも決意を変えないマイケルだけど恩師は才能を認めてバチカンの特別講習へ導き、そこで異端であるが優秀なエクソシストのルーカス神父と、真実を知りたいジャーナリストに出会う…
若いマイケルの疑問は本当に悪魔憑きか?あるいは精神病か?と言う疑問、示される状況にもまだ信じれない彼だけど…


負に同調し隙を狙う悪魔に取り付かれてしまったのは優秀であるが悩みも持ち、一人の少女を救えなかったルーカス神父、マイケルは救うために対峙するが…
ジャーナリストの一言がマイケルを目覚めさせるのだけど、何故か?も意外なほどに丁重に描かれてますね。

あれだけ自らの名を語らなかった悪魔があっさりと…と思いますが、マイケルも取り込めると思ってた悪魔の隙を突いたのは取り憑かれ、内に閉じ込められてたルーカース神父の力じゃないのだろうか?と思うんですけどね…

暗くて怖いばかりじゃ無くローマの喧騒や街並み、特に朝焼けに染まる寺院はとっても美しかったです。

それぞれが個性的な人々で…でも、やっぱり圧倒させられるのはアンソニー・ホプキンスの演技力でした。

神父は実在のようですが…内容はかなりデフォルメされてると思います。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ザ・ライト -エクソシストの真実-

バチカンで今も行われている悪魔祓いの儀式、そして一人のエクソシストに起こった実際の話をベースにしたサスペンスムービーだ。主演は『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンス。共演にコリン・オドナヒュー、『ブラインドネス』のアリシー・ブラガ。監督は『1408号室』...

2011.04.12 (Tue) 22:56 | LOVE Cinemas 調布