クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

映画 クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 [DVD]映画 クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 [DVD]
(2010/11/26)
しんのすけ:矢島晶子、みさえ:ならはしみき 他

商品詳細を見る

ジャンル :アニメーション
製作年 :2010年
初公開年月 :2010/04/17
製作国 :日本
配給 :東宝
上映時間 :99分
監督: しぎのあきら
原作: 臼井儀人
出演:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、真柴摩利

ある日、タイムマシンに乗ってしんのすけの未来の花嫁タミコがやって来た。大人になったしんのすけが、ネオトキオの支配者・金有増蔵に捕まってしまい、5才のしんのすけの力が必要だという……。

未来も愛もその手でつかめ!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
意外と…好きです。しんちゃんのキャラも好みです。
わが子なら相当にうざいと思うかも知れませんが^^;
でも、流石に映画を見に行こうとは思いません。

でも、クオリティーが高いのは認めます。メッセージ性もあり解りやすくストレートに訴えてる気がします。

今作は未来の婚約者が未来のしんのすけの願いで5歳児のしんちゃんを迎えに来ます。未来のために過去のしんちゃんが必要だったんです。
冷静に指摘されるとちょっと駄目?かなぁ?って思う婚約者ですが、彼女は深くしんのすけを理解してたのかも?!
タイム・パラドックス完全に無視です。まぁアニメですから…
でも、未来の自分を見ても子供たちはめげないんです。そこが素晴らしい!
劇場版は何作目なんでしょうか?それぞれに出来不出来ってあるかもしれないけど、子供たちが元気でしんちゃんの両親が子供を愛してる!それが素直に描かれてるのが良いです。両親の加齢のよる頭髪の現象やふくよかな肉付きは切ないけど…現実ですか^^;
子供たちのキャラが大人に成っても本質的に変わってない感じが好きです。しんちゃんはもちろん!なんですが、大人ならでは?の深い訳を感じる。
そして自分は結果では無いと、自分の好きなようにらしく生きる事をしんのすけはしんちゃんに伝えます。

たとえ自分の未来を垣間見えてもそれが全てでは無い!んですよね。
未来は努力の結果で変化するものです。

テレビ放映の映画を最近はよく見てますが久々にレビューを書きたくなる作品でした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード