2011_02
28
(Mon)22:57

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ (コリン・ファース 主演) [DVD]英国王のスピーチ (コリン・ファース 主演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

ジャンル :ドラマ
製作年 :2010年
初公開年月 :2011/02/26
製作国 :イギリス=オーストラリア
配給 :ギャガ
上映時間 :118分
監督: トム・フーパー
出演 コリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター ガイ・ピアース ティモシー・スポール


1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。

英国王のスピーチ - goo 映画


英国史上、
もっとも内気な王。>

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2011.02.28  英国王のスピーチ

アカデミー作品賞おめでとうございます。
お仕事中もしっかりチェックしておりました(笑)
もともと今日、見ようと思ってましたが、なんともタイムリーで嬉しいです。明日は映画の日、あさってはレディースデーと1000円デーが続くので空いてるかと思いましたが、アカデミー効果なのかしら?意外と動員数がありました。数えれる範囲を超えてませんが^^;

実話で、解りやすい内容で派手さも無くサプライズも無い…だけど退屈では無いと言うのが凄いです。
よく考えてみるとアメリカの作品ではないんですね!

古き良き時代って感じしました。パパラッチも居ないしマスコミはそれなりなのかも知れないけど王室には尊厳もあり、かといって閉塞感も感じれないし…やっぱり日本の皇室と比べえるとオープンかもね?!

偉大な王の父を持ち、跡目は兄が継ぐだろう、でも代理を務めることも多々ある次男のヨーク公の悩みは言葉も吃音…どもりですね。
医師の元に治療に訪れたりもするけど、治らない。
妻は噂を聞きある矯正専門家のローグを尋ねる。彼はたとえ公爵でも治療法は変えないと言い、ヨーク公は彼の元を訪れる事に。ローグは自分をライオネルと予備、ヨーク公を家族しか呼ばない愛称バーティと呼び、治療は対等な立場で行うと宣言される。
不承不承で治療を開始するが、理由を見出せず中断しようとするバーティだけど、手渡された彼の朗読の音を聴き、自分が普通に喋れる事に気が付き、ライオネルの元へ通う事に…彼の治療は不思議だけど、少しずつ治っていく、ライオネルは吃音になった原因を追究し心を開放してあげようとしてたのね…それが一番の治療だと認識してた。

でも、ヨーク公には波乱の日々が来る…父王の死、兄の即位と女のための退位^^;次期王としての与えられた立場に不安を感じ精神的に穏やかでない日々は吃音が酷くなった感じもするが、彼の幼い頃のトラウマを引き出し、今現在の王としての資質を見出し自覚させヨーク公をサポートしたライオネル。時はヒトラーの恐怖を実感しだし、ヨーク公は王として国民に向けスピーチするラストは感動しました。

王子を育てるのは難しいだろうけどバーティは繊細だったのよね…矯正された事が多く、最初の乳母の虐待まで?兄の子供らしい苛めも弟の病気も彼の心は受け止めてしまったのね。でも、そのお陰で?普通の幸せを求め、謙虚な王が誕生したのかも知れないですね。

とにかくクラシック音楽がとっても似合う作品だったと思います。

C.O.M.M.E.N.T

実力派俳優

最後のスピーチのシーンでもクラッシック音楽が流れて
(何の曲だったか忘れたけど)とても荘厳で良かったね~

しかし、王室の中で、王子が虐待されるなんて、酷い話よね。
特別な立場に生まれた者の苦悩は大きかったけど、
悩んで悪態をついたり泣いたりする姿は普通の人と同じで、
好感が持てました。
どの俳優も素晴らしかったですね!

2011/10/04 (Tue) 18:08 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 実力派俳優

YANさまへ

> (何の曲だったか忘れたけど)とても荘厳で良かったね~
「ベートーヴェンの交響曲第7番イ長調第2楽章」だったと思います。
意外とよく使われてるかも?

王室内のいじめ…次男だからだったのかなぁ~
本当にひどい話です。

媚を売らない教師に好感で、妻の支えが素晴らしかったです。

2011/10/04 (Tue) 22:13 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

英国王のスピーチ

後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...

2011.02.28 (Mon) 23:36 | LOVE Cinemas 調布