2011_02
12
(Sat)22:39

チャンス

チャンス 30周年記念版 [Blu-ray]チャンス 30周年記念版 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン 他

商品詳細を見る

ジャンル :コメディ
原題 :Being there
製作年 :1979年
初公開年月 :1981/01/
製作国 :アメリカ
配給 :松竹=富士映画
上映時間 :130分
監督: ハル・アシュビー
原作: イエジー・コジンスキー
出演:ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、ジャック・ウォーデン、メルビン・ダグラス、リチャード・ベースハート、リチャード・ダイサート


数十年屋敷から出たことのない庭師チャンスは、主人の死をきっかけに解雇、突然世間に放り込まれる。見るもの全てが珍しい彼は、そこで余命いくばくも無い財界大物を夫に持つ美しい貴婦人が乗る高級車に轢かれ、屋敷に招かれることに……。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
優しい気持ちになれちゃうコメディです。
あ!コメディだったよね…って言うのはエンドクレジットで感じましたが(笑)
大きな屋敷で庭師をしてたチャンスは主人が亡くなった事で始めて世間にでる。子供の頃からそこに居て一歩も屋敷から出なかった彼の生い立ちが凄く気になっちゃうんだけど、彼は純粋で穢れも知らず、羞恥心なども無くただ淡々と自分の好きな事をして語る。
弁護士に屋敷を追い出された彼は当ても無く歩く、たまたま富豪の車に轢かれちゃって、屋敷に招かれることに。
彼はただ素直に喋ってるのに、ただ事実を語ってるのに…周りが勝手に解釈しちゃって誤解しちゃって?挙句に今度は大統領か?ってとこでラストを迎えます。
でも、純粋な彼に周りはとっても好意的…ただ勘違いして財界の人間だと思われてるから?もし庭師とわかってれば彼の言葉に耳を傾ける人がいてるのか?と思います。
人って見かけとか職業とかじゃ無いんですけどね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック