オリヲン座からの招待状

オリヲン座からの招待状 [DVD]オリヲン座からの招待状 [DVD]
(2008/04/21)
宮沢りえ、樋口可南子 他

商品詳細を見る

ジャンル :ラブ・ストーリー
製作年 :2007年
初公開年月 :2007/11/03
製作国 :日本
配給 :東映
上映時間 :116分
監督: 三枝健起
原作: 浅田次郎
出演:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄

ある日、京都の小さな映画館“オリヲン座”から、ゆかりの人々に一通の招待状が届く。そこには、オリヲン座の閉館と謝恩最終興行開催の案内が記されていた──。昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵が病に倒れたとき、妻のトヨは夫の遺志を継ぎオリヲン座を守ることを決意する。そのトヨを一生懸命に支え続けたのは、映写技師の見習いとして先代に弟子入りした青年、仙波留吉だった。


僕ずっとオリヲン座を守るさかい──
ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。






にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
予想通りの作品でした。
それにしても宮沢りえって本当に演技が上手いですね。

現代、亀裂の入った夫婦の元に届いた映画館からの招待状、子供の頃に通いつめてた小さな映画館が閉館すると…
夫は今更…と言い、妻は行くと言う。

物語は過去に戻り、映画館オリヲン座へ…
戦後、小さな映画館を営む夫婦の元へ映画が好きだから働きたいと言う青年を夫は迎え入れるが、その夫は病で倒れ亡くなってしまう。意思をついで妻は映画館を続ける決心をし支える弟子入りした青年…だけど世間の目は二人の関係を疑い映画館に近づかない、そこに出入りするのは幼い子どもたち。その子供らしい恋と大人のプラトニックな恋が淡々と描かれてます。

ドラマ性はあまり無いんですが、昔の映画館の雰囲気なども味わえるのが嬉しい。

DVDジャケットのシーンは素敵でした♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード