2011_01
12
(Wed)21:28

カティンの森

カティンの森 [DVD]カティンの森 [DVD]
(2010/05/07)
マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ 他

商品詳細を見る

ジャンル :ドラマ
製作年 :2007年
初公開年月 :2009/12/05
製作国 :ポーランド
配給 :アルバトロス・フィルム
上映時間 :122分
監督: アンジェイ・ワイダ
原作: アンジェイ・ムラルチク
出演:マヤ・コモロフスカ、パヴェル・マラジンスキ、ヴワディスワフ・コヴァルスキ、マヤ・オスタシェフスカ、マヤ・コモロフスカ、ダヌタ・ステンカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、アンジェイ・ヒラ、ヤン・エングレルト、アグニェシュカ・グリンスカ、マグダレナ・チェレツカ

歴史的犯罪に改めて光を当てるとともに、国家の欺瞞に翻弄される犠牲者家族の苦悩を描き出す入魂の人間ドラマ。

明日を生きていく人のために
そしてあの日 銃身にさらされた
愛する人のために





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
カティンの森で起こった悲劇、その当事者の話ではなく、夫や兄がその犠牲者となった家族達の偶像劇です。

物語はアンナが夫を心配し前線に向かう所から始まる。
結局は夫は軍人として捕虜となる道を選ぶ、妻のアンナは娘を連れ祖国に何とか帰ることに…
ポーランドと言う国の立場がイマイチ理解出来なかったのですが、どうもソ連に支配されてた…建前は同盟国?
でも、ソ連兵が行ったポーランド兵の惨殺は事実を知ってるのに国として同盟国として?ドイツ軍の責任とする…
終始、暗いです。全く接点が無い人々が少しずつ絡みそれぞれの悲しみを表す。祖国を信じたのにに裏切られた人々を描く…

ラストは待ち続けた妻の元に夫の遺品が戻り、その悲劇を綴った日記を読み、現実が再現される…その後は暗転が長く音楽が流れないエンドクレジットで更に切なさを感じます。

現実なのに余りにも悲惨すぎて実感がわかない、そんな気分になりました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

カティンの森

2008年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。第二次世界大戦中にポーランド軍の将校がソ連軍に虐殺された「カティンの森事件」の映画化。監督はポーランド人監督のアンジェイ・ワイダ。監督の父親もこの事件の犠牲者であり、ソ連支配下の共産主義時代には語るこ...

2011.01.12 (Wed) 22:07 | LOVE Cinemas 調布