2010_12
20
(Mon)23:50

最後の忠臣蔵

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック
(2010/12/01)
加古隆

商品詳細を見る

ジャンル : 時代劇
製作年 : 2010年
初公開年月 : 2010/12/18
製作国 : 日本
配給 : ワーナー・ブラザース映画
上映時間 : 133分
監督: 杉田成道
原作: 池宮彰一郎
出演 : 役所広司 、 佐藤浩市 、 片岡仁左衛門 、 桜庭ななみ 、 山本耕史 、 風吹ジュン 、 田中邦衛 、 伊武雅刀 、 笈田ヨシ 、 荒木悠司 、 安田成美 、 福本清三

吉良上野介邸討ち入りの後に、大石内蔵助から「討ち入りの真実を赤穂の遺族たちに伝え、彼らの生活を助けよ」という命を受けた寺坂吉右衛門。16年後、彼は最後の遺族を訪ね、すべての使命を果たし終えた。その後京都を訪れた寺坂は、討ち入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門の姿を見かける。実は瀬尾も大石から密命を与えられていたのだった。その密命とは、大石内蔵助と側女の間にできた子どもを、保護して育てよと言うものだった。
最後の忠臣蔵 - goo 映画


生き尽くす。
その使命を、その大切な人を、守るために。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2010.12.20  最後の忠臣蔵

忠臣蔵のストーリーって大好きなんですよね♪全く理解できない忠義とか武士とか…何となく憧れるんです。
この作品は討ち入り後のお話で、剣劇とか殆ど無くって回想シーンの討ち入りの様子も本当にちょっぴりだけ…
忠義で切腹を免れ討ち入りの一部始終を残る家族へ伝える命を受けた寺坂、討ち入り前に離脱したが実は大石の命を受け使命を果たすためだった瀬尾、二人は親友で16年後に出会う。寺坂は使命を終え、そして生きる事も命ざれ、瀬尾は命をくれと大石に言われ、その命で隠し子を育てる使命を任された…ここに大きな違いがあってあの結果なんだろうね。なぜ?大石は瀬尾に生きる事を命じなかったんだろう?

商人に身を落とし必死で大石の隠し子である可音を育てる瀬尾に協力するのが隣に住む元太夫のゆう。贅沢は出来ないけど穏やかな暮らし…でも、瀬尾が骨董のツボを手に入れたのをきっかけに物語が転がり始める。ゆうの紹介で豪商である茶屋に接する瀬尾、そこの息子が可音に一目惚れ…だけど可音は全く興味を示さず、彼女の心には…周りに男性が居ないから仕方なかったかも知れないけどファンタジーですよね^^;
二人の心の揺れが手に取るような演技が素晴らしいです。
それに登場人物が少ないのでそれぞれが丁寧に描かれてる気がしました。
もう嫁入りのシーンは涙です…赤穂の武士たちが列に参加する様子など大石の人柄、赤穂の武士の結束の強さや忠義、そして瀬尾が許され認められた瞬間だったと思います。
瀬尾と寺坂の友情も素晴らしいと思いました。でも、ラストは…やっぱりそこに向かうんですね。おゆうさんの引き止めよりも忠義を選ぶんですよね。
人形浄瑠璃が心情を手助けしてる感じですが、ちょっとクドイ気もするかも^^;
そして日本の風景の素晴らしさ、竹林にたたずむ小さな庵や色付く紅葉などため息がでるくらい綺麗でした。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

最後の忠臣蔵

有名な赤穂四十七士の生き残りと、討ち入り前夜に逐電して生き残った2人の侍がいた。討ち入りから十六年、二人の忠臣蔵はいまだ続いていたのだった…。『四十七人の刺客』の池宮彰一郎の同名小説を映画化。監督は『北の国から』の杉田成道。生き残った2人の武士を役所広...

2010.12.21 (Tue) 00:35 | LOVE Cinemas 調布