2010_12
02
(Thu)23:42

SPACE BATTLESHIP ヤマト

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK
(2010/12/01)
サントラ

商品詳細を見る

ジャンル : SF/ファンタジー
製作年 : 2010年
初公開年月 : 2010/12/01
製作国 : 日本
配給 : 東宝
上映時間 138分
監督 : 山崎貴
原作 : 西崎義展
出演 : 木村拓哉 、 黒木メイサ 、 柳葉敏郎 、 緒形直人 、 池内博之 、 マイコ 、 堤真一 、 高島礼子 、 橋爪功 、 西田敏行 、 山崎努

西暦2199年、突如侵攻してきた謎の敵・ガミラスによって、人類はその存亡の危機に瀕していた。人類の大半は死滅し、生き残ったものも地下生活を送っていた。ある日、地球へカプセルか落下してきた。それは惑星イスカンダルからの通信カプセルで、そこに行けば、放射能浄化装置があるという。人類最後の希望を乗せて、最後の宇宙戦艦“ヤマト”がイスカンダル目指して旅立つ。しかし、行く手にはガミラスの艦隊が待ち構えていた。
SPACE BATTLESHIP ヤマト - goo 映画

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2010.12.02  SPACE BATTLESHIP ヤマト
予告を最初に見たとき…開いた口が塞がらなかった^^;まさかの?実写?と疑った(笑)しかも主演があのキムタク…何を誰を演じてもキムタクにしか見えない、上手いのか下手なのかも解らない演技でえ?え?って感じ。徐々にオープンになる予告、主演の二人以外はそれらしいかも?と思いつつ、宇宙戦艦ヤマトが埋まってる場所からエンジンがかかり飛び出す瞬間のCGが見たい!それだけで見に行く(笑)
賛否両論のレビューで悪い方が多いのかも?
だけど…だけど良かったんです。なんだろう?アニメとは違うのは当然なんですが、原作者が許してくれるような実写化だ~と思った。だってハリウッドの実写化…ドラゴンボールやマッハゴーゴー…大まかなストーリー、あるいは役名だけで全く別物、日本製の実写化…ゲゲゲの鬼太郎は何となく許せるけどキャシャーンに至っては・・・内容も深すぎて、違うやろ~でした。
でも、この作品、確かに細かい設定が変わってるけど、しっかり受け継いで作られてる感じがしました。

キムタクもキムタクだけど上手く役にあってた気がして他の作品に比べて違和感が無かった!森ユキの設定に至っては全く違って、後輩なので「古代くん」が聞けなかった~しかも前線に出る戦士で看護師姿も見れず…衛生班で良いやん?自立した女性で古代に憧れて入った世界だけどいきなり離脱した古代に失望感を抱いてる。それでもやっぱり好き!ってシーンが一度も無いまま恋愛関係に発展しちゃって、関係が出来た途端に可愛くなっちゃって…う~ん^^;まぁイスカンダルに到着したときに重要な役があるから、戦士じゃなきゃ駄目だったのかもね?!
男性から女性に代わってる設定は他にもあるけど、アニメは男ばっかりだったからね~それはありえへん!って感じでバランスを取ってた感じ。佐渡先生もイメージが合う演じる役者が居なければ女性で!って言うのは潔いかも?!お酒好きでネコ連れて、お惚けキャラは上手く演じられてた?!ただネコは三毛にしてほしかったぞ~
それぞれの戦士にドラマがある作品ですが2時間ちょっとで全てを表現できるのは難しく、原作を知らない人はなぜ?そこでその台詞?って解らないかも知れないですね。でも、アニメでの夢眠が見たいシーンが再現されてたのが嬉しいです。斉藤の死にざまとか…

敵であるデスラーは緑色の肌の人じゃ無かったので憎い敵から好敵手に代わるドラマが無くってちょっと寂しかったかも?!目指すイスカンダルは双子星じゃなくもっと極端な性質だったなぁ~
アナライザーにはビックリしました~凄い大活躍です!
出演者は皆、主役級ですが、それぞれがキャラをしっかり勉強して演じてたと思います。アニメのキャラとダブル人も居たから凄いです。

アニメだともう照れくさいくらいの博愛主義なんですが、そんな感じも無く上手く纏まってました。ラストの赤くなった地球が青くなるシーンが無かったのが寂しかったけど、音楽はアニメの曲のアレンジも多く、冒頭のナレーションはアニメを彷彿、肝心の戦艦ヤマトも最初はプラモデルが動いてる~って思ったけど、見慣れるとそれなりに見えるので○
その場じゃなく後で考えると…いっぱい突っ込めるけどかなり楽しめた♪

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

SPACE BATTLESHIP ヤマト

いわずと知れた国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画化だ。ガミラスの攻撃により放射能に覆われた地球の最後の希望として、イスカンダルへと旅立つヤマトの戦いの旅を描いている。監督・VFXは『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。主人公の古代進を木村拓哉、ヒロイ

2010.12.02 (Thu) 23:58 | LOVE Cinemas 調布