ダーリンは外国人

ダーリンは外国人 [DVD]ダーリンは外国人 [DVD]
(2010/10/08)
井上真央、ジョナサン・シェア 他

商品詳細を見る

ジャンル : コメディ/ロマンス
製作年 : 2010年
初公開年月 : 2010/04/10
製作国 : 日本
配給 : 東宝
上映時間 : 100分
監督: 宇恵和昭
原作: 小栗左多里
出演:大竹しのぶ、国仲涼子、井上真央、國村隼、戸田菜穂、川岡大次郎、入江雅人、坂東工、ジョナサン・シェア

漫画家を夢見るイラストレーターのさおりは、“漢字”の美しさに一目ぼれして来日したアメリカ人のトニーと出会い、つきあい始める。日本語ペラペラのトニーとは問題なくコミュニケーションがとれると思いきや、彼の外国人ならではの言動に驚きと戸惑いが絶えないさおり。そして、そんな2人に、両親への紹介という最大の難関が待ち受ける。


ド肝抜かれるほど、
幸せな日々。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
日本人が普通…と思ってることが外国人には不思議、当たり前だけどそこだけ切り取ると何故か可笑しいんですよね。
もっと異文化の差みたいなのを描くのかと思ってたんですが、この作品は至って普通のラブストーリーだったかな?!
でも、時々挿入される国際結婚のカップルの告白?は面白いです。
仕事がらみで知り合った二人、何度かデートしてるけど…何も言ってくれない彼トニー、不安に思いつつも彼の行動をほほえましく見るさおり。そして二人は一緒に暮らすようになる。姉の結婚式のときについでに?両親に紹介しちゃおうって彼を連れて行く。娘の付き合ってる男が外国人!不安になる母だけどトニーの素直さを気に入るが、父親からは反対されてしまう。その事をトニーに言わないさおりは一人で悩むことに…そして彼の行為をありがたく思いつつも半端な家事に不満がつのるさおり。それでも父親に認めてもらいたく目指してた漫画家へ…と頑張る。だけど父の急死や足がかりなった仕事に執着したりとさおりちゃんは一人空回り。相談してもらえないトニーは落ち込んで二人の溝が深まり、一緒に行くはずだったけどトニーは一人母国へ。
落ち込んださおりは母に励まされて…
父親っていずれ嫁に行くと解ってる娘だけどやっぱり少しでもそばに居て欲しいと思うものなのね~だけど娘の幸せを一番に考えてて自分が折れる…父親の急死は辛かったです。なんで…って思っちゃう。
それを乗り越えられたのはやっぱりトニーが居たからじゃないかな?って思いますね。
そしてこのトニーは語学オタクなのが可笑しくって…でも、何気に使ってる日本語の意味、なるほど!と思う(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード