レオニー

レオニー オリジナル・サウンドトラックレオニー オリジナル・サウンドトラック
(2010/11/10)
サントラ

商品詳細を見る

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2010年
初公開年月 : 2010/11/20
製作国 : 日本
配給 : 角川映画
上映時間 : 132分
監督・脚本・制作 : 松井久子
出演 : エミリー・モーティマー 、 中村獅童 、 原田美枝子 、 竹下景子 、 クリスティーナ・ヘンドリックス 、 メアリー・ケイ・プレイス 、 柏原崇 、 山野海 、 大地康雄

20世紀初頭のニューヨーク。これからは女性も仕事を持って生きる時代と、文学の道に進む夢を持ち、希望に満ちた人生が待っていたはずだったレオニー。しかし、一人の日本人の青年との出会いによって、彼女の人生は波乱に満ちたものとなっていく。レオニーは彼を愛し妊るが、男は一方的に日本へ帰国してしまう。シングルマザーとなった彼女は、子供とともにアメリカと日本の二つの国で、困難な時代を生き抜いていく。我が身の不幸を嘆くよりも、潔く運命を引き受け、自分らしく生きていこう。それが彼女の信念であり、また我が子に伝えたいたった一つのことだった。イサム・ノグチと命名された子供は、長じて“地球を彫刻した男”として世界中にその名を知られる芸術家と成長していくのだった。
レオニー - goo 映画


お母さん、
私はこの子を連れて
日本という国に行きます。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2010.11.22  レオニー

ハッピーでは無いと思うラストは胸が苦しくなります。決して幸福でなかった女性の生涯、彼女はこう生きるしかなかったのかも知れないけど…救いは?息子の芸術家としての才能を見出した事か?
若いときは求めすぎて…の言葉に納得、年齢を重ね自然に身を任せた穏やかな日々…それが一番幸福なときだった。
母の選んだ道が自分が年を取る事で理解できる…
活発で向上心の強い女性だったメラニー凡人は退屈だと自立し教師をしてたけど、新聞広告の編集者募集に興味を持ち日本人の詩人、野口と出会う。彼の荒削りな文章を整えていくレオニー。2人はいつしか恋をするが戦争が起こり日本人が差別されはじめ、うんざりした野口は日本に帰る決意をするが、レオニーのお腹には新しい命が芽生えてた。それを認めない最低男の野口はさっさと帰っちゃうけど、レオニーの編集能力は認め仕事の依頼だけはしてくるってどうよ?ここできっちり切れたら彼女もまた別の道を歩めたのかも?!仕事で繋がってる2人…レオニーは母の元に戻り子供を産むが名を与えず父親が付けてくれるのを待つのよね~これって愛してるから?そんなある日、日本に来ないかと野口からの手紙に息子に良い暮らしを…と2人で未知の国である日本へ向かう。そこで待ち受けてたのは文化の違いといい加減な男の仕打ち?直ぐに決断し別れるのだけど日本に留まろうとするの…その割りに彼女も何年も日本に居て言葉を覚えようとしないのはいかがなものか?と思いつつ?色んな日本人に出会い、古い友人の援助も受けつつ、イサムの妹も産み、息子イサムの才能に気が付き、また戦争が起こり徴兵があると知ると幼い息子をアメリカに留学させる肝っ玉ぶりは凄いです。
更にアメリカでの恩人に報いるためにイサムは医学の道を進もうとするけど、レオニーが芸術家へ…と譲らない姿勢は怖さも感じた。でも、息子はその母の態度で自分の内なるものに気が付くのよね~

若い時から晩年を演じた女優の化けっぷりは凄いです。違和感がないメイクの技術と仕草の演技力のお陰だと思うけど凄いですね。
息子イサムは数人の子役と役者が演じますが、日本に来て直ぐくらいの子役が一番可愛かった♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード